Edited at

PyQt5とpython3によるGUIプログラミング[0]

なぜPyQt4ではなくPyQt5であり、python2.Xではなくpython3.Xなのか、そもそも、元となるQtがすでにQt4のサポートをしていません。

そして、Pythonは今後2.7以降のバージョンをリリースせず、2019年にはサポートを終了すると発表しています。

であれば、進む道はPyQt5であり、python3.Xに必然的に到達するわけです。

とりあえず、MacとWindowsのインストール方法をここに記載しておきます。

これではできない等あれば、連絡いただければと思います。

私の願いとすれば、このUIが日本でメジャーになっていくことです。

知り得た情報は惜しみなくここに流していきます。


PyQt5インストール(Mac編)

■Qtのオープンソースをインストール

http://www.qt.io/download-open-source/

より最新版をダウンロードする

■pythonのインストール

Homebrewとpyenvのインストール方法は以下のページを参考に設定してください。

virtualenvは必須ではありません。

http://qiita.com/ms-rock/items/6e4498a5963f3d9c4a67

SIPのインストール

PyQtのサイトからSIPをダウンロードします。

展開した場所にターミナルで移動して以下のコマンドを実行します。

Python3 configure.py 

make
make install

PyQt5のインストール

PyQtのサイトからPyQt5をダウンロードして展開します。

展開した場所にターミナルで移動して以下のコマンドを実行します。

Python3 configure.py

make
make install

qmakeを聞いてくるようなら以下のようにQtの場所を指定してあげましょう。

python configure.py --qmake /usr/local/Cellar/qt5/5.6.1/bin/qmake

これでインストールが完了するはずです。

コンパイルには結構な時間がかかります。


それでもうまくいかない場合

Homebrewをインストールしましょう。

コマンドラインで以下を実行します。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

そしてこれです。


brew install pyqt5


■起動確認

pythonシェルにて以下を入力

import PyQt5.QtWidgets

エラーがなければインストール成功です。

■Qt Designerの起動

Qtのものを起動します。

例えば私の環境では以下のものを実行します。

/Users/[ユーザ名]/Qt/5.7/clang_64/bin/Designer.app


PyQt5インストール(Windows編)

ちょっと見なかったらMacのインストールより面倒なことになっています。

■Qtのオープンソースをインストール

http://www.qt.io/download-open-source/

より最新版をダウンロードする。

注意:ダウンロードボタンを押すと32bit版になってしまいます。

Download Nowボタンの下にある

Not the download package you need? Hide All Downloads

をクリックして自分の環境にあったものを選びましょう。Windows Hostの物件を選ぶことを薦めます。

オンラインを選ぶとかなり時間がかかります。

■pythonインストール

https://www.python.org/

python.orgよりPython 3.5.1をインストールします。

python.orgよりPython 3.5.2をインストールします。

注意:Customize installationを選ばないと意図しないところにインストールされます。

インストールが完了したら環境設定でPathを通します。

■sipのインストール

コマンドラインで以下を実行します。

pip3 install SIP

注意:You are using pip version 8.1.1, however version 8.1.2 is available.

You should consider upgrading via the 'python -m pip install --upgrade pip' command.

こんなメッセージが出るかも知れませんが、そのときはメッセージの通り以下を実行します。

python -m pip install --upgrade pip

■PyQt5のインストール

コマンドラインで以下を実行します。

pip3 install PyQt5

上記よりWindows用のインストーラをダウンロードしてインストールします。

インストーラがpythonのインストールされているディレクトリを探しますので

そのままインストールします。


こんなメッセージが出れば成功です。

「Successfully installed PyQt5-5.7」

■起動確認

pythonシェルにて以下を入力

import PyQt5.QtWidgets

エラーがなければインストール成功です。

■Qt Designerの起動

Qtのものを起動します。

無題.png

※Qt Designerがdll不足で起動しない場合、MicroSoftのVisualStudioをインストール

する必要があるかもしれません。

■結論

インストールは、windowsのほうがかなり面倒になっています。


インストール番外編(wheelを使ってPyQt5をインストールする)

例えば、会社でPyQt5を使いたいけど、プロキシの関係でネット経由でpipが使えないとか、使いたいマシンがそもそもネットと疎通がないとかの場合、これまで書いた方法ではインストールを諦めることになります。

でも、pipをオフラインで使うことを前提にwheel形式のバイナリをPyPiからダウンロードしてしまえば、PyQt5のインストールは可能です。

wheelが何かここでは説明を割愛します。意味は検索すれば出てきますので、そちらを参照してください。

その方法としては、

①sipのバイナリをダウンロード、pipでインストール

②PyGt5のバイナリをダウンロード、pipでインストール

上記でインストールができます。

以下はpython3.6.5を例にします。

以下にアクセスし,Download filesのリンクをクリックし、自分の環境にあったファイルをダウンロードします。

https://pypi.org/project/PyQt5-sip/

スクリーンショット 2018-12-22 12.13.27.png

スクリーンショット 2018-12-22 12.11.14.png

以下にアクセスし、Download filesのリンクをクリックし、自分の環境にあったファイルをダウンロードします。

https://pypi.org/project/PyQt5/

スクリーンショット 2018-12-22 12.15.01.png

スクリーンショット 2018-12-22 12.16.33.png

pipのコマンドはWindows10の場合を例にします。基本は他のOSでも同じです。

pipにpathが通してある前提です。

wheelファイルがD:\tmp\ wheelhouseにあるとして、以下のコマンドを実行します。

pip install --use-wheel --no-index --find-links=wheelhouse D:\tmp\wheelhouse\PyQt5_sip-4.19.13-cp36-none-win_amd64.whl

pip install --use-wheel --no-index --find-links=wheelhouse D:\tmp\wheelhouse\PyQt5-5.11.3-5.11.2-cp35.cp36.cp37.cp38-none-win_amd64.whl

これでインストール完了です。

cmd.png

ちなみに、python3.7の場合は「--use-wheel」を削除してください。

そんなオプションはないとエラーになってしまうので。

一言「勝手に変えんなよ!!」と言いたい。

上記の手順はanacondaの場合も有効です。


ただで最高のコードを手に入れる

結構このことを知らない人がいるので追記します。

PyQt5をインストールするために展開したディレクトリにはお宝が含まれています。

何もせずに削除したりしたらもったいないのです。

Macの場合「examples」があるはずです。

windowsの場合は、PyQt5_gpl-5.7.zipを展開すればその中に「examples」があるはずです。

これを大事なフォルダに保存しましょう。

これを実行し解析しさらなる高みを目指しましょう。