Edited at

eclipseとGitHubの連携

More than 3 years have passed since last update.


プロジェクトをGitHubで管理する

eclipseで書いたソースを共有するためにGitHubを使いました。

まずGitをインストールします。

そしてGitHubのページ上で適当にリポジトリを作ります。


Gitリポジトリーをクローンする

elipseでgitパースペクティブを開きます。

そこからclone git repositoryを選択します。

そしたらURLを求められるので、GitHubのページ上であらかじめ作っておいたリポジトリのURLをコピペします。

あとは、自分のGitHubのユーザIDとパスワードを入力して次へ進みます。

そしたらブランチを選べと言われますが、masterしかないと思うのでそのまま次へ。

そしてクローン先のディレクトリを指定して次へ。

※apacheなどを使う場合は、そのドキュメントルートに合わせてディレクトリを指定することをお勧めします。

これでクローンは完了です。


ローカルのプロジェクトを同期させる

適当にeclipseでプロジェクトを作ります。

そしたらWindowsならエクスプローラーで、Macならfinderでワークスペース上にあるプロジェクトをコピーして先ほどクローンしたGitリポジトリのある場所に行きます。

そのリポジトリの中にコピーしたプロジェクトを貼り付けます。

ここでGitの出番です。

Gitでクローンしたリポジトリ内のプロジェクトの中のGitHubと関連付けたいディレクトリで以下のコマンドを実行します。

$ touch .gitkeep

そしたらこのプロジェクトをGitHubと関連付けます。

$ git add .

$ git status
$ git commit
$ git push

これらを順番に実行します。

git pushでGitHubのユーザIDとパスワードを聞かれるので注意してください。

これで関連付けられたはずです。


GitHubに関連付けたプロジェクトをeclipseにインポートする

先ほどGitHubに関連付けたeclipseのパッケージエクスプローラ上にあるプロジェクトを削除します。

そしてGitパースペクティブの、最初にクローンしたリポジトリの中にWorking Directoryというディレクトリがあるので、それを右クリックしてImport Projectを選びます。

Import Existing Eclipse projectsを選んで次へ。

ここでeclipsのパッケージエクスプローラ上に同名のプロジェクトが存在するとインポートできないので、もし存在する場合は削除します。

問題なければfinishを押せばプロジェクトがインポートされます。

これでGitHubと関連付けられたプロジェクトをeclipseで操作できるようになります。

eclipse上でコミット及びプッシュ、プルもできるので、とても便利です。


ほぼ備忘録に近いので、大分適当に書いてしまったので、分かりにくいかと思います。

質問やご指摘などありましたら書いていただければと思います。