Help us understand the problem. What is going on with this article?

新規MarkdownファイルをWindowsのコンテキストメニューから作る

新規MarkdownファイルをWindowsのコンテキストメニューから作る

用語

  • mdファイル
    • Markdown形式のファイル。
  • コンテキストメニュー
    • Windowsの場合、右クリックして出てくるメニューのこと

目的

手軽にmdファイルでメモを取りたいのに、新規ファイルを作るとき、いちいちeditorを開いてから作成したり、.txtファイルの拡張子を.mdに変更してから編集したりする必要があるのが面倒くさい。
⇒ 通常の.txtファイル同様にコンテキストメニューから作成できれば楽なのでは!

要はこうしたい↓
目的.png

注意点・環境の明示

  • 環境
    • windows10
  • 注意
    • 今回はレジストリエディタを使用します。レジストリに不正な値を書き込むと、最悪の場合、OSの再インストールが必要となるので注意してください。

手順

  1. regeditで.mdにShellNewを追加
  2. ファイルタイプにmarkdownを追加
  3. 完了!

regeditで.mdにShellNewを追加

  1. regeditを開く([windowsキー] + [Rキー] でファイル名を指定して実行を開き、regeditと入力)⇒ HKEY_CLASSES_ROOTを選択
    HKEY_CLASSES_ROOT.png

    「.」で始まるものは拡張子に対する設定、それ以外はファイル・タイプに関する設定である。参考1

  2. .mdキーを選択 ⇒ 右側にある(既定)を右クリックし、修正を選択 ⇒ mdfileと入力しOKをクリック
    (この処理は、後述のファイルタイプ設定で生きてくる)
    ata.PNG
    :warning: .mdキーが無い場合、新規作成すれば大丈夫です。

  3. .mdを右クリック ⇒ 新規 ⇒ キー ⇒ 新しいキーの名前をShellNewとする ⇒ ShellNewを右クリックし ⇒ 新規 ⇒ 文字列値 ⇒ 名前をNullFileとする。
    ShellNew.png

  • エクスプローラは、この「ShellNew」キーが定義されたものに対して[新規作成]メニューを表示しているので、名前を間違えないように
  • 「NullFile」は、新規ファイルの中身が空であることを示している

ファイルタイプにmarkdownを追加

引き続きregedit内での作業

  1. HKEY_CLASSES_ROOTを右クリック ⇒ 新規 ⇒ キー ⇒ 名前をmdfile とする
    (先述の2. の行程で入力した値のデータと同一の名前)
    mdfile.png

  2. mdfileHKEY_CLASSES_ROOTの一番下にできているはずなので選択 ⇒ 右側にある(既定)を右クリックし、修正を選択 ⇒ Markdown fileと入力しOKをクリック
    Markdown_file.PNG

rededitをそのまま閉じたら終了です!

完了!

こうなったはず↓
目的.png

参考

1. Windowsでエクスプローラの[新規作成]メニューをカスタマイズする

kekenonono
都内学生 浅く広く中途半端に活動します。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした