CoreData
SQLite3
Simulator
Swift2
XCode7.2

CoreDataで生成されたSQLite3をターミナルで直接操作する(XCode7.2 / SWift2.1.1)

More than 1 year has passed since last update.

CoreDataを仕様したプロジェクトで実際のデータの値を見たかったので、メモしておきます。
実機ではなく、シミュレータでデバッグします。

① AppDelegate.swift編集
自動生成されたAppDelegate.swiftの77行目に、print(url)追加
let url = self.applicationDocumentsDirectory.URLByAppendingPathComponent("SingleViewCoreData.sqlite")
print(url)

② ViewControllerとかのviewDidLoad()等にコード追加
let coodinator = (UIApplication.sharedApplication().delegate as! AppDelegate).persistentStoreCoordinator
print(coodinator)

③ シミュレータでデバッグ開始
Macにsqliteファイルが生成される

④ 出力された文字列コピー
file:///Users/◯◯◯◯◯/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/DF335499-64AE-47AE-8E99-F5333C17CA8E/data/Containers/Data/Application/1E63EEF3-E65A-492D-9F03-87657A543D45/Documents/SingleViewCoreData.sqlite

⑤ ターミナルに貼り付けて実行
sqlite3 /Users/◯◯◯◯◯/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/DF335499-64AE-47AE-8E99-F5333C17CA8E/data/Containers/Data/Application/1E63EEF3-E65A-492D-9F03-87657A543D45/Documents/SingleViewCoreData.sqlite