Help us understand the problem. What is going on with this article?

とりあえずVisual Studio CodeでLaTeXを書く

[2019/08/05追記]
latexmkを使ったほうが融通が利きやすいということに気づきました。そのうち別記事で書きたいです。

はじめに

二番煎じですみませんが、私の周辺の環境や状況で、PCの細かいところまでは不慣れでLaTeX初めての人がとりあえずVisual Studio Code (VSCode)でLaTeXを書けるようになるまでの手順を記します。

関連記事

こちらの記事がたいへん参考になります。大部分の方は、こちらの記事の手順で動かすことができるようになると思います。

詳しい方向けのいいわけ

  • ひとまず、uplatexではなくplatexでいきます
    • (学術学会のテンプレートが古い場合、uplatexで動かないことがあるので)
  • とりあえず、1回だけコンパイルします
    • (相互参照とか参考文献ファイルの取り込みは後で)

想定環境

  • Windows 10 1803
  • TeX Live 2018 (20180414)
  • Visual Studio Code 1.29.1

手順

TeX Liveをダウンロード&インストール

ダウンロード

面倒なので全部入りのファイルをごっそりダウンロードします。
https://texwiki.texjp.org/?TeX%20Live%2FWindows
「Acquiring TeX Live as an ISO image」 → 「mirror list」 → ftp.jaist.ac.jp (Nomi, Ishikawa)の「ftp」 → 「systems/」 → 「texlive/」 → 「Images/」 → 「texlive2018-20180414.iso」

ちょくのリンクは
ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/CTAN/systems/texlive/Images/
です(マナー違反のようでしたら消します)。

インストール

「texlive2018-20180414.iso」をダブルクリック → 「install-tl-windows.bat」をダブルクリック → そのままポチポチ
(ISOファイルをダブルクリックすると、がD:とかE:などのドライブとしてマウントされます。用が済んだらドライブを右クリックして「取り出し」をクリックすれば、ISOファイルを削除できます。PCを再起動してもOKです。)

VSCodeの設定

LaTeX WorkShopのインストール

VSCodeを立ち上げ → 拡張機能のアイコン(左はしにある四角いアイコン)をクリック → 「latex」と打つ → 「LaTeX WorkShop」の「インストール」をクリック → インストールが終わったら再読込

LaTeX WorkShopの設定

「Ctrl」 + 「,」 → ユーザー設定の行の右端にある「…」をクリック → 「settings.jsonを開く」をクリック → 「{」と「}」の間に、以下を挿入

  "latex-workshop.latex.tools": [{
      "name": "ptex2pdf (platex)",
      "command": "ptex2pdf",
      "args": [
        "-l",
        "-ot",
        "-kanji=utf8 -synctex=1",
        "%DOC%"
      ]
    },
  ],
  "latex-workshop.latex.recipes": [
    {
      "name": "ptex2pdf (platex) * 1",
      "tools": [
        "ptex2pdf (platex)"
      ]
    },
  ],
  "latex-workshop.synctex.afterBuild.enabled": true,
  "latex-workshop.view.pdf.viewer": "tab"
  • ptex2pdfのオプションは https://texwiki.texjp.org/?ptex2pdf を参照
    • argsの「"-l",」で、platex系(platexないしuplatex)が使われる
    • argsに「"-u",」を追加すると、uplatexが使われる
    • argsの「"-ot",」以降で、さらなるコンパイラーオプションが設定される
      • 「-kanji=utf8」で、おおざっぱにいうと、文字コードがUTF-8に
      • 「-synctex=1」で、SyncTex ( https://texwiki.texjp.org/?SyncTeX )の機能を使うことに

コンパイル

  1. 適当なフォルダーを作成しておきます。
  2. VSCode上で新規ファイルを開き、以下の内容を書き、1.で作成したフォルダー内に「~.tex」という名前で保存します。
\documentclass{jsarticle}
\begin{document}
数式をだしてみます:$Ax = b$
\end{document}

あとは、少し編集して保存するたびに、同じフォルダー内にPDFが生成されるはずです。VSCodeの右上のほうにある虫眼鏡のアイコンをクリックすると、VSCode内のPDFビューワーが起動して、生成されたPDFファイルが見られます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした