JavaScript
RxJS

RxJS Observableの作成 (1)  Observable.of の使い方

More than 1 year has passed since last update.


用途

Observable.ofは、シンプルな値を流したいときに利用します。

引数を可変長で受け取り、値をそのまま流します。


基本的な使い方

引数で受け取った値をそのまま流します。

入れれる値は文字列、数値、配列、オブジェクト等です。

通常単体の利用することはあまりなく、複数のオペレーターと組み合わせて使用します。

const numbers = Rx.Observable.of(1,2,3).subscribe(x => {

console.log(x);
});

// 結果
// 1
// 2
// 3

Rx.Observable.of('hoge',[1,2,3],{name:'keisukeh'}).subscribe(x => {
console.log(x);
});

// 結果
// hoge
// [1,2,3]
// {name:'keisukeh'}

ES6 stackblitz

TypeScript stackblitz


他のオペレーターとの組み合わせ

const numbers = Rx.Observable.of(1,2,3);

const timer = Rx.Observable.timer(2000);
Rx.Observable.concat(timer, numbers).skip(1).subscribe(x => {
console.log(x);
})

// 結果
// (2秒後)
// 1
// 2
// 3

ES6 stackblitz

TypeScript stackblitz