8
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Sublime Text 2でClojure REPLを使う

(2014/10/24追記あり)

最近、エディタをEmacsからSublime Text 2(以下ST2)に乗り換えたので、ST2でもSlime風のREPL環境を使えるようにしてみる。環境は、Mac上のSublime Text 2で、キーバインドもMacの場合である。Windowsの人はごめんなさい。

まず、Sublime TextのPackage Controlをインストールする。これはググればやり方が沢山出てくるのでここでは説明しない。次に、Command+Shift+Pを打ってからInstall Packageを選び、SublimeREPLを選んでインストールする。

もしLeiningenがシステムグローバルにインストールされていればこの時点でREPLが使えるはずだが、Leiningen経由でClojureをインストールしている場合は違うかもしれない(こっちの方が普通だと思う)。そのような場合は、SublimeText2 -> Preferences -> Package Settings -> SublimeREPL -> Settings - User を開いて、

SublimeREPL.sublime-settings
{
    "default_extend_env": {"PATH": "{PATH}:/Users/keisuke/local/bin"}
}

のように記述する。leinコマンドがインストールされているディレクトリにパスを通す。

以上でSublimeREPL上でClojureが使えるはずだ。
Tools - Sublime REPL - Clojure - Clojure
を選べば、新しいバッファでlein replが立ち上がる。Viewメニューからウィンドウを上下に分割して下部にREPLを出すようにすれば完璧。

で、ショートカットキーはというと、Ctrl+,+[s/b/l/f](Control + コンマ + s/b/l/f)となっている。s : Selection=選択範囲をREPLに送信, b : ブロックをREPLに送信、l : 行をREPLに送信、f : ファイルをREPLに送信だ。もっと使い方はありそうだけど、とりあえず満足。

SublimeREPL-screenshot.png

(2014/10/24追記)
基本的にreplのプロセスはエディタのサブプロセスとして動作するため、上記のようにただ単にREPLを起動すると、カレントディレクトリがSublimeエディタのディレクトリになってしまう。コレを防ぐには、leinプロジェクト内のproject.cljがアクティブに開かれている状態でREPLを起動すれば良い。これで、コマンドラインから普通に lein repl したのと同じように使える。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
8
Help us understand the problem. What are the problem?