Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacでRuby on Rails4のローカル環境を構築する

More than 3 years have passed since last update.

Homebrewのインストール

Xcodeのインストール

AppStoreからXcodeをインストールする
スクリーンショット_2015_10_27_18_24.png

導入が済んだら、ターミナルで以下のコマンドを実行

bash
xcode-select --install

Homebrewのインストール

公式サイト:http://brew.sh/index_ja.html
からコマンドをコピーする。

bash
ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Homebrewがインストールされているか確認

bash
brew -v
Homebrew 0.9.5

バージョンが出ればOK。

Gitをインストールする

bash
brew install git

Readlineをインストールする

bash
brew install readline

OpenSSLをインストールする

bash
brew install openssl

rbenvをインストールする

brewをアップデート

bash
brew update
bash
brew install rbenv

ruby-buildをインストールする

bash
brew install ruby-build

ホームディレクトリに.rbenvフォルダを作る

bash
mkdir ~/.rbenv

.bash_profileに設定を書き込む

bash
echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

.bash_profileの設定を反映させます。

bash
source ~/.bash_profile

Rubyをインストール

rbenvにruby2.2.2があるか確認

bash
rbenv install -l

sample_—_bash_—_80×24.png

Ruby2.1.2をインストール

bash
rbenv install 2.2.2

設定を反映させる

bash
rbenv rehash

Macでの標準のRubyバージョンを2.2.2に設定する

bash
rbenv global 2.2.2

設定を反映させる

bash
rbenv rehash

Rubyのバージョンが変更されたか確認

bash
ruby -v
ruby 2.2.2

Rails4をインストールする

rbenvにopensslを当てる

bash
RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-openssl-dir=`brew --prefix openssl`" rbenv install 2.1.2

Rails4をインストール

bash
gem install rails --version="4.2.0"

設定を反映させる

bash
rbenv rehash

Railsのバージョンの確認

bash
rails -v
Rails 4.2.0

Railsを動かす

ホームディレクトリにrailsディレクトリを作成

bash
mkdir ~/rails

ディレクトリに移動

bash
cd rails

プロジェクトを作成

bash
rails new sample_project

bundleディレクトリを作成

bash
cd sample_project
bundle install --path vendor/bundle

Railsサーバーを動かす

bash
bundle exec rails s

http://127.0.0.1:3000/
にアクセスして以下の様なページが出ればOK

Ruby_on_Rails__Welcome_aboard.png

slogan
人を軸にした新産業創出エコシステムをつくるグロースヒューマンキャピタル。「Goodfind」を運営。
http://www.goodfind.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away