AndroidSDK
Oculus
JDK
OculusGo

Oculus Go でのゲーム開発の環境構築ともろもろのインストール。

Oculus Go とは

これまであまりなかった、スタンドアローン型のVR端末です。
そして、手に届くくらいの安価な値段であったため、学生さんなどでも手に入れやすく開発できるようになりました。

oculus-go-wearing.jpg

Oculus Go を手に入れよう。

2018年11月現在、日本の正規代理店等はなく、Oculus公式サイトで注文してアメリカから発送してもらう形になります。
https://www.oculus.com/go/

倍の容量で 6000円しか違わないので、 64GBの方がおすすめです。

OculusGoofficial.PNG

以下のように、住所など申込みフォームは英語なので、間違いのないように入力しましょう。

payform.PNG

ポチったら、届くまでしばらく待ちましょう。

Oculus Goで遊んでみよう。

おすすめアプリをいくつかご紹介

・Oculus Videoや Facebook360 (世界中の360度動画が見られる)

・Netflix VR(大画面で映画が見られます。)

・Jurassic World:Blue(ジュラシックパークの世界に入り込んだ感覚になります。)

・Shooting showdown 2 (世界中の人と対戦できるシューティングゲーム)

VR開発に特化したUnity本が発売された。

待ってました!!!
unity_vr.jpg

https://www.amazon.co.jp/%E4%BD%9C%E3%81%A3%E3%81%A6%E5%AD%A6%E3%81%B9%E3%82%8B-Unity-VR-%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E9%96%8B%E7%99%BA%E5%85%A5%E9%96%80-%E5%A4%A7%E5%B6%8B/dp/429710105X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1541953018&sr=8-1&keywords=VR+unity

私は、VRの詳しい方にマンツーマンで教えていただいたのですが、いろんな箇所でつまずいて大変でした。
ちゃんとインストールから簡単なゲーム作りについての本がでないとみんな開発できないでしょ。と思っていたところ待望の本が発売されました。詳しいところはこの本に譲るとして、以下は簡単に環境設定について説明していきます。

必要となるPCのスペックについて

スタンドアローン形式ではなく、PCで処理を行うOculus Riftや HTC Vive用のゲームを開発したいと考えている方は、GTX1070や GTX1080など、高性能なグラフィックボードを積んでいるいわゆる「VR READY」と呼ばれるPCが必要となります。
ツクモさんなどがVR向けのPCを販売しているので、参考までにご紹介しておきます。

・VR向けデスクトップPC
https://www.tsukumo.co.jp/bto/pc/vr/vive/

・ハイスペックノートPC
https://www.tsukumo.co.jp/bto/pc/game/note/n1586j/

ひとまず、Oculus Goで開発してみたいというかたは、ひとまず今あるPCで触ってみて、どうしても遅い場合は買い替えた方がよいかもしれません。

Oculus Go を PCに認識させよう。

これが結構大変でした。

1. Unityのインストール

Personal版は無料です。個人の範囲で製作したり、遊んだりする方は無料版で十分です。
https://store.unity.com/ja

また、Unityのバージョンが古いと Oculus Goに対応していないため最新版にUpdateしましょう。
当初、私もバージョンが古かったため、エラーがでました。

2.JDK(Java SE Development Kit )のインストール

はい、ここで重要なのが最新版はNGということです。エラーが出てしまいます。
(もしかしたら、現在は改善されているかもしれませんが、)私は
1.8.0_171-b11
と少し古いものを入れてエラーが消えました。

JDK8 ダウンロードページ
https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html

古いバージョンの JDK8 はこちらからダウンロードできます。
https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/8u-relnotes-2225394.html

3. Android SDK(Software Development Kit)のインストール

Android Studioをダウンロード
https://developer.android.com/studio/

ダウンロードしたら、実行して、Configureの SDK Managerを選択。

Android_SDK_1.PNG

必要なSDKを選択して、OKでインストールが始まります。

Android_SDK_2.PNG

4.JDK, SDKをセッティング

Unityを開いて、Edit → preferences

Unity_Preferences.png

PreferencesのExternal Tool のAndroid欄の JDK, SDKのパスを通します。
先ほど、ダウンロードしたJDK,SDKのファイルの位置を確認してパスの貼り付け or Browseボタンで自動で検索してくれてパスが入ります。
external_tool.PNG

5. Oculus Go側での開発者モードへの変更。

まずは、スマホに Oculusのアプリをインストール。

ログインして、右下のSetting → Oculus Go XXXXX(Serial Number) → More Setting → Developer Mode → Developer Modeを On
developers_mode_2.png

6. コマンドラインツールでデバイスを認識を確認。

Android Debug Bridgeのコマンドを使って、デバイスを認識しているか確認します。
ちなみに、Android Debug Bridge(adb)は、エミュレータ インスタンスや接続された Android 端末と通信できる用途の広いコマンドライン ツールです。

> adb devices
でPCに認識されているか確認。

認識されていれば、以下のような表示になります。

List of devices attached
XXXXXXXXX device

ここまでやれば、ひとまずまでは認識されるはずです。

7. Oculus Go で開発するためのUnity側のセッティング

BuildSetting.png

Oculus GoはAndroidで動いているので、Androidを選択して Switch platform で変更してください。
Unityのマークつくと、正しく変更されました。
PlayerSetting.png

次に、
Player Settings を開き、Minimum API Levelを 19にします。(Levelが19以下だと、後々Buildした際にエラーがでます。)

Identifications.PNG

XR Settingの Virtual Reality Supported にチェックを入れます。
これを入れておかないと、頭を振っても同じ画面のまま360度の感じが出ません。

XRsetting.PNG

いかがだったでしょうか。この記事を参考に、みんながOculus Goでゲームなどの開発に取り組んでくれるとうれしいです。