search
LoginSignup
2
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

Mapbox Advent Calendar 2020 Day 12

posted at

updated at

 Mapbox Studio のデータアップロード方法を整理してみた。

Mapbox Studio とは

ブラウザ上でMapの編集・作成ができるツールです。

mapboxstudio.gif

おそらく、エンジニアの方々ではMapbox GL JSを使われている方が多いかと思います。
ただ今回は、あまり複雑なことはせず、データをアップロードしたらすぐ可視化できて簡単にMapを他人と共有することができるツールとしてMapbox Studioを使用することに決めました。

ちなみにMapbox にログインしたあとの画面からですと、
右上のアカウントボタンを押すと Studio へのリンクが出てきます。

image_0000.png

※アカウント作成がまだの方は、まずはアカウントを作成してみましょう。

Mapbox Studio 4つのデータのアップロード方法

すごく基本的なことですが、わたしがつまずいたところなので詳しく書いていきます!

1.「Database」へ geojsonなどでアップロード

Datasets を選択
database.png

Datasets をアップロード
(GeoJson, JSON, CSVがアップロード可能)
upload_datasets.png

2. 「Tiles」へアップロード、アップロード過程でTile形式に変換する

Tilesetsを選択
tileset.png

New Tilesets を選択
new_tileset.png

Upload file を選択
upload_tiles.png

タイル形式でないデータ(GeoJson,Shapefile,CSVなど)も、アップロード過程でタイルに変換してくれます!

3. あらかじめTile形式に変換したデータを「Tiles」へアップロード

 
QGISを用いてあらかじめMBTiles形式に変更しておきましょう。
そのTileデータを「Tiles」へアップロードできます。

めんどくさいですが、MBTilesであればアップロード枠が大きいため、大量のデータをアップロードしたい場合には、この方法が有効だと考えられます。

以下のようにデータ形式ごとにアップロードできる容量が異なりますのでご注意ください。

data_limits.png

4.Mapbox Tiling Service (MTS)のAPIを使ってデータをアップロード

いくつかのコマンド操作でデータをアップロードします。

まずは Tilesets CLI (command line tool) をダウンロードしましょう。

またアップロードするデータはgeojson形式にしておく必要があるので、
用意しているデータがcsv形式の場合には csv2geojson などでデータ形式を変換しておきましょう。

詳しい操作はMapbox公式のYouTubeチャンネルをご覧ください。

Mapbox - YoutTubeチャンネル
How to use Mapbox Tiling Service (MTS) and Tilesets CLI to create a tileset

アップロード方法使い分けまとめ

1.アップロードしたあとにStudio上でデータを編集したい場合 → 「Datasets」へデータをアップ

2.データを編集する必要がない場合 → 「Tilesets」へデータをアップ(StudioがデータをTile形式に変換)

3.大量のデータをアップロードしたい場合 → MBTilesにあらかじめ変換しておく

4.大量のデータをアップロードしたい場合 → Mapbox Tiling Service (MTS)を使ってアップロード

Mapbox Studio のよいところ

よいところ1:おしゃれなマップを作成すること可能

私がつくってみたものを紹介します。

Stop & Junction

dark.png

Pop Color Map

pop.png

よいところ2:Mapbox Studio Preview アプリで共有がかんたん

Mapbox Studio previewアプリをスマホに入れてみましょう。
https://apps.apple.com/jp/app/mapbox-studio-preview/id1208400007

image_0000.png

作成したMapをかんたんに閲覧できます。
もちろんサクサク動きます。

作成したMapを他の人に共有したいときにはとても便利です!

Mapbox Studio の注意点

Mapbox Studio の注意点としては、作成したMapを印刷できないことです。

ゼンリンの住所データを利用している関係で、
印刷しての利用は禁止されています。

ゼンリンさんに問い合わせて、使用料金を払えば可能だとは思いますが、
おそらくかなりの高額なので非現実的かと思われます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
大量のデータを可視化したい案件があり、MapBox Studioならいけるのでは?!と思い使い始めてみました。

Mapbox Studio を触り始めたところ、「データのアップはどの方法が正しいのか」「どうやったらうまくPublishできるのか」などしばらくの間どう使えばいいのか混乱しておりました。

そんなときに、幸運にもMapboxJapanの方に、お話をお聞きする機会をいただき、いろいろ聞いてみました。
同じように悩んでいる方がいるかと思い、今回使い方をまとめてみました。

もし参考になりましたら、LGTM お願いいたします。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
2
Help us understand the problem. What are the problem?