Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unity2D+NGUIでゲーム作るよ! その1 Scene

More than 5 years have passed since last update.

前記事
Unity2D+NGUIでゲーム作るよ! その0

1.1 Scene

Unity3Dで既出の機能なのでUnity2Dのみ興味のある方はとばして..

1.1.1 Sceneの作成

以下の様なタイトル画面->ゲーム画面->ゲーム結果->タイトル画面->..を作ります。

imaaa.png

UnityでのScene追加はFile>New Sceneで行います。
今回は「Title」「GameStage」「Result」を作成しました

スクリーンショット 2013-12-29 3.00.24.png

1.1.2 Sceneの遷移

Unityではアプリケーション全体に関するアクセスはApplicationクラスで行われます。
http://docs.unity3d.com/Documentation/ScriptReference/Application.html

(ApplicationクラスではPathやLocale、Platform判別やFPSも管理している..!)
Sceneの遷移に関するメソッドは以下のとおりです

メソッド 概要
LoadLevel レベルか名前を指定してSceneを遷移する
LoadLevelAdditive レベルか名前を指定して現在のSceneに新しいSceneを追加する
LoadLevelAdditiveAsync Pro専用。非同期で現在のSceneに新しいSceneを追加する
LoadLevelAsync Pro専用。非同期でSceneを読み込む

というわけで実際に遷移させます。
File>Build Settingで使用するSceneをAddCurrentによって追加します。
(右に表示されているのがLevelです)

スクリーンショット 2013-12-29 3.04.48.png

タイトルのSceneに以下のScriptを作成して追加します

Title.cs
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class Title : MonoBehaviour
{
    void Start ()
    {
    }

    void Update ()
    {
        //マウスの左ボタンをクリック
        if(Input.GetMouseButtonUp(0)){
            Application.LoadLevel("GameStage");
        }
    }
}

↓こんな感じ
スクリーンショット 2013-12-29 3.37.38.png

同じ要領でGameStageにResultへの遷移、ResultでTitleへの遷移を書くと、
タイトル画面->ゲーム画面->ゲーム結果->タイトル画面->..のSceneの遷移が実現できます。やった!

次はSprite使ってさっくりキャラ表示..!

keidroid
主にスマホ周り(Kotlin/Swift/Unity/Flutter)の記事を書きます。 YouTubeにはんぶん移行中です。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした