Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
3
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@keicafeblack

続編1:土壌湿度センサーを追加(前編:夏休みの工作におススメ!自動水やり機(Obniz+電動灯油ポンプ)の製作)

More than 1 year has passed since last update.

概要

前回の
夏休みの工作におススメ!自動水やり機(Obniz+電動灯油ポンプ)の製作
をパワーアップさせて、土壌湿度センサーを追加し、Web上で土壌湿度をグラフで見れるようにしました。
夏休み限定の工作のため、土壌湿度センサーは釘で作った簡易的なものにしています。

システム構成

CIRC.JPG

①Obnizサーバーサイドイベントで30分毎にプログラムを起動

②土壌湿度センサー数値を取得

③ThingSpeakに上記値を送信

プログラム

sendHumData.html
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
  <script src="https://obniz.io/js/jquery-3.2.1.min.js"></script>
  <script src="https://unpkg.com/obniz@1.9.1/obniz.js" crossorigin="anonymous"></script>
</head>
<body>

<div id="obniz-debug"></div>
<h1>Soil Humidity</h1>
<button id="on">ON</button>
<button id="off">OFF</button>


<script>
var obniz = new Obniz("★ここにObnizのIDを入れてください★");
obniz.onconnect = async function () {


  var sensor = obniz.wired("SEN0114",  {vcc:0, output:1, gnd:2});

  var value = await sensor.getHumidityWait();
    //console.log('Humidity Level:' + value);


const request = new XMLHttpRequest();
request.open("GET", `https://api.thingspeak.com/update?api_key=★ここにthingspeakのキーを入れてください★&field1=${value}`);
request.send();


 // if (typeof done === "function") {
 //   done();
 // }  

}

</script>
</body>
</html>

詳細説明

①Obnizサーバーサイドイベントで30分毎にプログラムを起動

上記プログラムを起動
Moisture.JPG

②土壌湿度センサー数値を取得

・自作土壌湿度センサーの説明と作り方は下記を参考に作成

(参考サイト)土壌湿度センサーとScratchで、植物を乾燥から守ろう

■注意
上記のプログラムはobnizの公式ページにある
SEN0114 (Soil Moisture Sensor)
をもとに作っていますが、前提がSEN0114を使う想定のもののため、釘で自作したセンサーとは異なる動きなのかも。。。とりあえず動いた(濡れる=数値があがる、乾く=数値が下がる)のでそのまま使用しています。電子工作が得意な方、もし間違っていたらコメントお願いします。

③ThingSpeakに上記値を送信

下記を参考にアカウントを作成して、Fild1(湿度用に設定した項目)に②で取得した値を付けて送信

ThingSpeakの使い方の説明
(参考サイト)データを簡単に保存&グラフ化できるThingSpeakが便利!

■データを送る部分

request.open("GET", `https://api.thingspeak.com/update?api_key=★ここにthingspeakのキーを入れてください★&field1=${value}`);

■画面
水をあげたときだけ湿度の数値が4まであがり、時間と共に徐々に下がっているのが分かります
thingspeak.JPG

感想

・ThingSpeakは電文を送るだけで、データが追加できるのでとても簡単で便利でした。
・さらに無料というのもうれしいです!

3
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
iotlt
IoT縛りの勉強会です。 毎月イベントを実施しているので是非遊びに来てください! 登壇者を中心にQiitaでも情報発信していきます。 https://iotlt.connpass.com

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
3
Help us understand the problem. What is going on with this article?