Edited at

DHCP設定のまま Raspberry piのIPを固定する

More than 1 year has passed since last update.


面倒なのでDHCPで運用したいがSSHを使うからサーバのIPは固定したい。

Raspberry piで自宅にサーバーを立てました。

SSHで作業する時にはサーバIPを固定しておいたほうが便利ですが、自宅はDHCP運用のため

固定IP設定のサーバを混在させるのは厄介です。

そのためルーター側(ATERM-4CF11B)の機能を使って、Raspberry piの設定は

DHCPのまま、IPアドレスを固定を行います。


まず Raspberry pi の ネットワークカードのMACアドレスを調べます。

//Raspberry pi 側

$ ifconfig
wlan0 Link encap:Ethernet HWaddr b8:27:eb:b3:82:9e
inet addr:192.168.0.3 Bcast:192.168.0.155 Mask:255.255.255.0

 ...

HWaddrがMACアドレスです。

b8:29:eb:a3:82:9e 部分を控えておきます。

次にルーター側の設定です。

ルーターの管理画面にログインします。

設定を変えていなければ http://192.168.0.1 でルーターのWEB設定画面が開くと思います。

所持している機種の場合『DHCP固定割当設定』の項目からMACアドレスに対して割当てるIPの固定ができました。


今回は192.168.0.10で固定しました。

この設定後、ルータによってはルータ自体の設定保存再起動が必要だったり、すると思いますので忘れないように。


あとは Raspberry pi を再起動してIPが固定された事を確認します。

//Raspberry pi 側

$ reboot

//再起動後
$ ifconfig
...

wlan0 Link encap:Ethernet HWaddr b8:27:eb:b3:82:9e
inet addr:192.168.0.10 Bcast:192.168.0.255 Mask:255.255.255.0

...

無事固定されました。