Help us understand the problem. What is going on with this article?

ABテストのススメ

こんなことありませんか

「ユーザはこんな機能が欲しいはず」

こんな機能があれば、ユーザは喜ぶ?

  • 頑張って作った
  • けど使われなかった

何が問題なんだろう

「デザインリニューアル」

流行りのデザインにしよう!

  • 半年かけて作った
  • けどよいフィードバックは得られなかった

どこが問題なんだろう

ABテストからはじめよう

ABテストとは

ある特定の期間にページの一部分を2パターン用意して、どちらがより効果の高い成果を出せるのかを検証すること
https://liskul.com/what-is-ab-test-17813

ある目標に対して、
どんな手段をとることが、目標に対する貢献度が高いかを検証する

どうやるのか

Webサイトからのイベントの申し込みを増やしたい

仮説によって導かれたA/Bパターンを用意する

98912D5D-D533-41A0-8ADC-E494BBBD2E57.png

  • 青背景のページでは、青ボタンは視認性が悪い
  • 青っぽい背景のページで「申し込む」ボタンは、赤の方が良いのでは?

目標を立てる

目標と言っても、ここでいう目標は何を比較するのか
「申し込むボタンが押された数」

計測する

ユーザによって「申し込む」ボタンの色を変えて計測ログを保管する

申し込むボタンをみた人、申し込むボタンが押された数を赤パターン・青パターンで保持

結果が出る

どちらのケースで優位性があるか統計的に導き出き、結果を出す
それが事実となる
BF3E8244-E591-4A0E-AEA8-42708C292187.png

そして、事実から新たな仮説が生まれる

簡単にはじめられる

ABテストを行えるツール

  • Ruby on Railsでやるなら
    • split
      • controller側の処理も分岐したりできるので、かなり高度な検証が可能
  • その他簡易的にやるなら
    • Googleオプティマイズ
      • デプロイ不要なのでやりやすい

ABテストを助けるツール

  • Googleアナリティクス
    • ユーザーエクスプローラー等を用いた、1ユーザを軸にした行動分析
  • Hotjar
    • ユーザの行動を撮影して確認したり、ヒートマップでユーザ行動の分布分析
  • アプリケーションのログ
    • なんだかんだでいざという時役に立つ

ABテストを通して得た学び

  • 定量化が行え、数値で語れるようになった
    • 明確な事実が生まれる
      • やればやるほど新たな仮説が生まれる
        • 突き詰めると、大きな改善につながる
  • 小さくはじめたほうが良さげ
    • 大きく始めると、何が起因したのかわからない
  • ABテストの結果が本当に正しいのか疑って調べることの必要性
    • 当初の仮説と全く違った問題の発見や気づきがある

最後に

ABテストを通した仮説検証で、よりよいサービスを作りましょう

kehonda
theport
ポート株式会社 PORT INC.は、「世界中に、アタリマエとシアワセを。」をミッションに、新しい時代の1ページを創る会社です。【PORTもくもく会】https://freestyle-mokumoku.connpass.com/
https://www.theport.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした