Posted at

Mac に Eclipse PDT + Pleiades な環境を構築してみるメモ

More than 5 years have passed since last update.


0. 環境


  • MacBook Air (Mid 2011)

  • 1.8 GHz Intel Core i7

  • Memory 4GB

  • Mac OS X Lion 10.7.3


1. Eclipse (Classic) のインストール

Indigo (3.7.2) のバージョンの Mac OS X 64bit 版をゲト。

インストーラはないので、解凍したのを適当なフォルダに入れる。(/Applications/eclipse とか)


2. PDT (PHP Development Tools) のインストール

Eclipse を起動して、「Help > Install New Software」を開く。

「Work with:」のプルダウンから、


Indigo - http://download.eclipse.org/releases/indigo


を選んで、しばし待つ…(  ̄ω ̄)旦~

リストが表示されたら、


Programming Languages >

PHP Development Tools (PDT) SDK Features


を選んで「Next」(下図)を選択する。

Eclipse PDT Install

次の「Install Details」のダイアログはそのまま「Next」を選択。

その次の「Review Licenses」のダイアログでは、「Licences:」のリストから項目を選んで、右下の


「I accept the terms of the license agreements」


のラジオボタンにチェックを入れて、「Finish」(下図)を選択。

Eclipse PDT Install - Review Licenses

ダウンロードとインストールが始まるので、しばし待つ…(  ̄ω ̄)旦~

インストールが終わると、


You will need to restart Eclipse SDK for the

installation changes to take effect…


とダイアログが出るので「Restart Now」を選択。


3. Pleiades のインストール(Eclipse 日本語化)

Pleiades

サイトの「Pleiades 本体ダウンロード」のリンクから、安定版の Pleiades をゲトする。

「Pleiades All in One」は Windows 版しかないのです…(´・ω・`)

ダウンロードしてきた、pleiades_X.X.X.zip (X.X.X はバージョン)を解凍して、中の


features

plugins


のフォルダの中身をそれぞれ、1.で作成した Eclipse フォルダにある同じ名前(features、plugins)のフォルダの中に入れる。

次に、Eclipse フォルダの Eclipse.app を右クリックして、「パッケージの中身を表示」を選択して、中にある


Contents/MacOS/eclipse.ini


のファイルをエディタで開き、最後の行に、


-javaagent:../../../plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar


と追加して保存。

Eclipse を再起動して、スプラッシュ画面が Pleiades のもの(下画像)に変わっていれば、おk。

Pleiades Splash


References