Edited at

Droidkaigi 2019 資料一覧 2日目-随時更新中


Droidkaigi 2019

毎年恒例droid kaigiです。

https://droidkaigi.jp/2019/


セッションと資料の一覧

二日目のセッションと資料です。

資料については登壇者の方がTwitterなどでアップしてくれてるのを引っ張ってきているので、

まだ展開していない方もいらっしゃるのでそれはまた後日展開され次第更新しますm(_ _)m


10:30


DialogFlowによる自然言語処理(NLP)を用いたボイスコマンド音声認識の精度向上

場所
Room 1

スピーカー
KAKKA

資料
https://speakerdeck.com/kakka/20190208-droidkaigi2019


中規模以上のアプリ開発におけるCIレシピとリリースフロー戦略

場所
Room 2

スピーカー
KazaKago

資料
https://speakerdeck.com/kazakago/zhong-gui-mo-yi-shang-falseahurikai-fa-niokeruciresihitoririsuhurozhan-lue


Not Just Rotation: Configuration Changes on Android

場所
Room 3

スピーカー
Nicole Borrelli

資料


React NativeとExpoを用いたクロスプラットフォーム開発入門

場所
Room 4

スピーカー
mrtry

資料
https://speakerdeck.com/mrtry/react-nativetoexpowoyong-itakurosupuratutohuomukai-fa-ru-men


Android App Improvement Challenge Part1: 機能実装編

場所
Room 5

スピーカー
-

資料
-


外部デバイスと密に連携するAndroidアプリに最適なアーキテクチャとは?

場所
Room 6

スピーカー
tomoya0x00, URI

資料
https://speakerdeck.com/uri/wai-bu-tehaisutomi-nilian-xi-suruandroidahurinizui-shi-naakitekutiyatoha


From TensorFlow to ML Kit: power your Android application with machine learning

場所
Room 7

スピーカー
Qian Jin

資料


11:20


Spek2+MockK+JaCoCoでイケてるUnit Test環境を手に入れろ! |

場所
Room 1

スピーカー
Subroh Nishikori

資料
https://speakerdeck.com/subroh0508/spek2-plus-mockk-plus-jacocodeiketeru-unit-testhuan-jing-woshou-niru-rero


Guide to app architectureを踏まえた既存アプリの設計改良

場所
Room 2

スピーカー
nakamuuu

資料
https://speakerdeck.com/nakamuuu/droidkaigi-2019


Gradle BOM importでライブラリバージョン管理

場所
Room 3

スピーカー
Kohei Yamamoto

資料
https://speakerdeck.com/gya/droidkaigi2019


Slice Your App: Inside Slices and How to build it

場所
Room 4

スピーカー
Hiroyuki Mori

資料
https://speakerdeck.com/kobitokaba/slice-your-app


Wi-Fi RTTによる屋内測位アプリを作ろう

場所
Room 6

スピーカー
napplecomputer

資料
https://speakerdeck.com/napplecomputer/wi-fi-rttniyoruwu-nei-ce-wei-apuriwozuo-rou


Code Review as a Collaborative Journey

場所
Room 7

スピーカー
hydrakecat, punchdrunker

資料
https://speakerdeck.com/hkurokawa/code-review-as-a-collaborative-journey


12:50


Deep dive into MotionLayout

場所
Room 1

スピーカー
thagikura, John Hoford, Nicolas Roard

資料
https://www.slideshare.net/hagikuratakeshi/deep-dive-into-motionlayout


Trash Talk

場所
Room 2

スピーカー
Romain Guy, Chet Haase

資料
-


Best practice for text on Android and its internals.

場所
Room 3

スピーカー
Seigo Nonaka

資料
https://speakerdeck.com/nonanona/droidkaigi-2019-the-best-practice-for-android-text


カスタムブラウザの作り方 ー 実例から学ぶ Chrome と Firefox のカスタムビルド開発 ー

場所
Room 4

スピーカー
dynamis

資料
https://speakerdeck.com/dynamis/making-custom-browser


Android App Improvement Challenge Part 2: リファクタ編

場所
Room 5

スピーカー
-

資料
-


All About Test of Flutter

場所
Room 6

スピーカー
kikuchy

資料
https://docs.google.com/presentation/d/1Our2pND0t5IjJhpt0rGw5eDjWUeHU0145A9w9yqvZm0/edit

サンプルコード
https://github.com/kikuchy/all-about-test-of-flutter


Reserved

場所
Room 7

スピーカー
-

資料
-


14:00


Android Studio設定見直してみませんか?

場所
Room 1

スピーカー
shiraji

資料
https://shiraji.hatenablog.com/entry/2019/02/08/131843


SpekでUnitTestを書こう

場所
Room 2

スピーカー
Ayako Morimoto (moriiimo)

資料
https://speakerdeck.com/moriiimo/unit-test-with-spek

サンプルコード
https://github.com/moriiimo/UnitTestWithSpek


Android Vitals徹底活用

場所
Room 3

スピーカー
kr9ly(からくり)

資料
https://speakerdeck.com/kr9ly/androidvitalsche-di-huo-yong


FridaによるAndroidアプリの動的解析とフッキングの基礎

場所
Room 4

スピーカー
Ken Kitahara

資料


実践 Lottie

場所
Room 6

スピーカー
kumanomi

資料
https://speakerdeck.com/kumanomi/shi-jian-lottie


What does "adb lolcat" do? A deep dive into adb

場所
Room 7

スピーカー
32bitdesi

資料
https://scorpiodawg.github.io/adb-lolcat-deep-dive/slides-html/assets/player/KeynoteDHTMLPlayer.html#1

備考

https://scorpiodawg.github.io/adb-lolcat-deep-dive/ から見たほうが32bitdesiさん的にはいいかも!


14:50


今日から始める依存性の注入

場所
Room 1

スピーカー
kobakei

資料
https://speakerdeck.com/kobakei/first-time-dependency-injection


ハマった時に役立つ通信系デバッグの話

場所
Room 2

スピーカー
inomata

資料
https://speakerdeck.com/ecoopnet/hamatutashi-niyi-li-tutong-xin-xi-tehatukufalsehua


Lifecycle, LiveData, ViewModels - The inner wiring

場所
Room 3

スピーカー
Florina Muntenescu

資料


Reserved

場所
Room 4

スピーカー
-

資料
-


Android Enterpriseで実現できる端末管理の世界

場所
Room 6

スピーカー
Daisuke

資料


Troubleshooting your designer's, and vector graphics

場所
Room 7

スピーカー
Mitchell Tilbrook

資料


15:00


Codelabs: Free Theme

場所
Room 5

スピーカー
-

資料
-


15:40


Androidにおけるパフォーマンスチューニング実践

場所
Room 1

スピーカー
neonankiti

資料
https://speakerdeck.com/neonankiti/androidniokerupahuomansutiyuningushi-jian


multi-module Androidアプリケーション

場所
Room 2

スピーカー
Jumpei Yamamoto

資料
https://speakerdeck.com/sansanbuildersbox/multi-module-android-application


Journey of APK from compilation to launch

場所
Room 3

スピーカー
Amanjeet Singh, Romi Chandra

資料


WiFi Direct + VpnServiceでSIM無しAndroidをWeb世界に社会復帰させる話

諸事情によりキャンセルされました。

場所
Room 4

スピーカー
soranakk

資料
-


ゼロから実装する縦書きTextViewとその周辺技術

場所
Room 6

スピーカー
六々 (@496_)

資料
https://speakerdeck.com/cc4966/vertical-textview-from-scratch-and-related-technologies


Sharing Code between iOS & Android with Rust

場所
Room 7

スピーカー
Benedikt Terhechte

資料


16:50


Navigation Architecture Component によるアプリ内遷移の管理

場所
Room 1

スピーカー
Yuta Takahashi

資料


デザイナーとエンジニアの距離をより近づける Lottie 利用術

場所
Room 2

スピーカー
bandwagondagon

資料
https://speakerdeck.com/ykoyano/dezainatoenziniafalseju-li-woyorijin-dukerulottieli-yong-shu


UIテスト(Espresso)の高速化をさらにすすめる

場所
Room 3

スピーカー
tarappo

資料
https://www.slideshare.net/tarappo/droidkaigi2019-130938358/tarappo/


WebView+ViewGroupを実現するAOSPメールアプリの内部実装とニュースアプリへの応用

場所
Room 4

スピーカー
ogapants

資料
https://speakerdeck.com/ogapants/droidkaigi2019


2019年の技術であのARアプリを再現する

場所
Room 6

スピーカー
KENICHI TAKAHASHI

資料
https://speakerdeck.com/ktaka/2019nian-falseji-shu-deafalsearapuriwozai-xian-suru


Fast Prototypes with Flutter + Kotlin/Native

場所
Room 7

スピーカー
JB Lorenzo

資料


17:40


実践 WorkManager

場所
Room 1

スピーカー
_atsushisakai

資料
https://speakerdeck.com/_atsushisakai/workmanager


Android Thingsでプロダクト開発

場所
Room 2

スピーカー
Takuya Kubota

資料
https://docs.google.com/presentation/d/1yVlj4FZpWYYQckVzKt4kHHjJx4hWVYskdQBIMLF2Rgc/edit#slide=id.g4f4af87baa_2_6


ああ、素晴らしきTDD ~アプリとエンジニアの心に安寧を~

場所
Room 3

スピーカー
Saiki Iijima

資料
https://www.slideshare.net/SaikiIijima/tdd-130994383


WebViewを守るSafe Browsingのコントロール

場所
Room 4

スピーカー
Akihiro Shiota

資料
https://speakerdeck.com/akihiroshiota/control-result-of-safebrowsing-in-webview


FlutterでのWidgetツリーへの状態伝播とアクセス制限の基本戦略

場所
Room 6

スピーカー
robo

資料
https://www.slideshare.net/cch-robo/flutterwidget-130879555

サンプルコード
https://github.com/cch-robo/basic_strategy_of_state_propagation_in_Flutter


Building for next billion

場所
Room 7

スピーカー
Neil Mathew

資料


18:30


Android アプリ開発における、デザイナーとエンジニアのワークフロー

場所
Room 1

スピーカー
taquo

資料


build.gradle.ktsに移行しよう

場所
Room 2

スピーカー
tnj

資料
https://speakerdeck.com/tnj/lets-migrate-to-build-dot-gradle-dot-kts


巨大なアプリの開発を支えるフラグ管理術

場所
Room 3

スピーカー
munetoshi

資料
https://speakerdeck.com/line_developers/flag-based-feature-management


Google Play Consoleのリリーストラックを有効活用してリリースフローの最適化を行った話

場所
Room 4

スピーカー
litmon

資料
https://speakerdeck.com/litmon/google-play-consolefalseririsutoratukuwoyou-xiao-huo-yong-siteririsuhurofalsezui-shi-hua-woxing-tutahua


BLEアプリ設計パターン

場所
Room 6

スピーカー
8yabusa

資料
https://speakerdeck.com/tomohikosato/ble-app-pattern


Animations in Flutter

場所
Room 7

スピーカー
Salih Guler

資料