Help us understand the problem. What is going on with this article?

windowsでopenGL環境を構築するための手順

More than 1 year has passed since last update.

windowsでopenGL環境を構築するための手順

概要

windowsにはデフォルトでopenGL自体はインストールされています.
openGLを扱いやすくするためのライブラリとしてGLUTが有名でしたが,現在は開発が止まっています.
そこで後続のfreeglutをインストールしてopenGLを便利に使う環境を構築しましょう.

推奨環境

  • windows7
  • Visual Studio 2012

方法

freeglutのインストール

ダウンロード

http://freeglut.sourceforge.net/ から適当なバージョンを選んでダウンロード
2016/04/11で最新は3.0.0ですが,私はドキュメントが手に入れやすい2.8.1にしました.

解凍

適当な解凍ソフトを用いてダウンロードしたファイルを解凍
私は,Lhaplus( http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se169348.html )を使っています.

dll, libファイルの設置

解凍してできたファイルの中から自分のVisual Studioのバージョンを選んで
~/VisualStudio/2012/freeglut.sln
を選択

Releaseモードにして,freeglutのビルドを行う

~/lib ができているはずなので,~/lib/x86(あるいは Release)/freeglut.dllと~/lib/x86(あるいは Release)/freeglut.libを適切な場所にコピーする.

  • dllファイル
    C:\Windows\SysWOW64

  • libファイル
    C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows\v8.0 (VisualStudioのバージョンによってはv6.0Aなど)

.hファイルの設置

C:\Users<user name>\Desktop\freeglut-2.8.1\include\GL下のfreeglut.h, freeglut_ext.h, freeglut_std.h, glut.hを
C:\Program Files (x86)\Windows Kits\8.0\Include\um\glに設置する
(これも/8.0/ の部分はVisualStudioのバージョンに依存します.)

確認

先ほど開いたslnファイルで適当なプロジェクトをスタートアッププロジェクトに設定して,デバックなしで開始(Ctrl+F5)をしてそれぞれのプロジェクトを動かしてみてください.

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away