Posted at

3Dスキャナー(ライカスキャナー)の使い方まとめ!

毎回忘れるので

ライカスキャナーの使い方をまとめました。

(必要なもの)

・ライカスキャナー

・iPad (Recapのアプリケーション)

step 1:

スキャンする場所にライカスキャナーを置きます。

必ず、専属の三脚の上に乗せましょう。

(この特殊な三脚の上で回転しながら空間をスキャンします)

1.jpg

step 2:

ライカスキャナーの電源を入れます。

緑色に光ります。

2.jpg

step 3:

iPadを開きます。

wifi設定で、ライカスキャナーが接続されているのを確認します。

3.jpg

step 4:

iPad上でRecapのアプリケーションを起動します。

4.jpg

step 5:

サインインします。

5.jpg

step 6:

+New Projekt を開きます。

6.jpg

step 7:

プロジェクト名を入力します。

7.jpg

step 8:

スキャンの準備ができました。

+New Scanを押します。

8.jpg

step 9:

ライカスキャナーがスキャンを始めます。

ゆっくり回転したり、高速回転しながら空間をスキャンします。

9.jpg

step 10:

processingを経て、無事にスキャンが終了しました。

10.jpg

この要領で、続けて空間をスキャンします。

基本的には部屋の四隅と中央、大体5箇所をスキャンすれば十分でしょう。

次回はスキャンしたデータをパソコン上のRecapソフトで加工する工程をまとめたいと思います。