Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS Beanstalk で作ったLaravel環境にBASIC認証をかける最もカンタンな方法

More than 1 year has passed since last update.

結論

public ディレクトリにいつものように、.htpasswd を作って、同じディレクトリの .htaccess を書き換えます。
ポイントは、htpasswdが設置されている絶対パスがどこなのか?ですが、ふつうに /var/www/html/publicだったと。

/public/.htpasswd
admin:(パスワード生成ツールなどで作ったハッシュ)
/public/.htaccess
AuthType Basic
AuthName "Input your ID and Password."
AuthUserFile /var/www/html/public/.htpasswd
require valid-user

<IfModule mod_rewrite.c>
....以下はそのまま

パスが違うようです

もしかしたら構成によって変わるかもしれません。不安な場合は info.php を作って確認後に消すとかすると良いかと思います。

/public/info.php
<?php
phpinfo();

image.png

なんなのこの投稿?

いや、ググらせていただいたんですが、「開発環境だけ利くようにする」とか「パスワードを自動的に作る」とかカッコいい方法がいろいろ出てきて、逆に「いや、とりあえず環境分けなくていいんで」とか「いつものやりかたはダメなの?」と思ってしまったけど、そんなことないよ! と言いたかっただけです。

Elastic Beanstalk すごいっすねー。前にLaravel環境構築したときは、サーバーにあれやこれやと前提条件がついた上に、MySQLでデータベース開いてvendorをFTPでアップして……とかやっていたのですが。もう作成も更新もGITにPUSHするだけとは。

そんな話もまた機会と需要があれば書きたいですね
(^^)

kd9951
インフラからデザインまで。ワンストップでWEBアプリケーション開発しているエンジニア。メインはPHP/Laravelでの業務系システム開発。WordpressやAugnlarあたりも守備範囲。自称「穴埋め係」でGoogleやQiitaに無かった記事を書くことが多いので、誰得なマニアックな記事が多いです(*´ω`*)    園芸が好きで「多肉植物図鑑PUKUBOOK」を制作し編集長をしています。
https://pukubook.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away