Help us understand the problem. What is going on with this article?

RedisをWindowsにインストール

More than 3 years have passed since last update.

RedisをWindowsにインストールする

  • Redis自体はWindows環境をサポートしていない。

Windows
The Redis project does not officially support Windows. However, the Microsoft Open Tech group develops and maintains this Windows port targeting Win64. Learn more

  • とのことなので、MSOpenTeckを利用してインストールした手段

環境

インストール

  • msiを実行する。
  • インストール中に変更した箇所
    • Destination Folder
      • インストールフォルダを「C:\develop\Redis」に変更
        • 個人的に開発系のソフトを同一フォルダに集約しているため
      • Add the Redis installation folder to the PATH enviroment variable.をチェックする。
        • 環境変数に追加するため。
    • Set the Max Memory limit
      • 100MB
        • 変更しなくてもよいが、制約をつけるため
  • インストール終了を待つ。

動作確認

  • スタートメニュー > アクセサリ > コマンドプロンプトを起動
  • pathの確認
    • > path を実行して環境変数を表示
    • C:\develop\Redis が表示されればOK
  • Redisの確認
  • >redis-cli を実行。下記のようにkey valueを登録&取得ができれば動作確認完了
127.0.0.1:6379> set sample sample
OK
127.0.0.1:6379> get sample 
"sample"

サービスの確認

  • すでにサービスとして登録されてるはずなので、その確認
  • コントロールパネル > 表示方法「小さいアイコン」 > 管理ツール > サービス と選択
  • サービスの一覧が表示されるので「Redis」が登録されてることを確認する。

サービスの設定

  • スタートアップの種類は、初期状態では「自動」となっている。
    • これは起動時にサービスが自動実行されることを意味している。
    • この状態でも問題はないが、開発中のみ起動したい場合は下記のように変更する。

起動方法の変更

  • 「Redis」サービスを右クリックし、プロパティを選択する。
  • スタートアップの種類を「自動」から「手動」に変更する。
  • これで、起動時にサービスが起動しなくなる。

サービスを起動・停止について

  • 毎回サービスウインドウを開いて起動・停止を行うのは面倒なので、Batファイルを作成する。

バッチ

  • Redis起動バッチ
    • 名前 : redis_start.bat
    • 内容
REM +---------------------------------
REM | Redisを起動するバッチ
REM +---------------------------------

SC START Redis
PAUSE
  • Redi停止バッチ
    • 名前 : redis_stop.bat
    • 内容
REM +---------------------------------
REM | Redisを停止するバッチ
REM +---------------------------------

SC STOP Redis
PAUSE
  • 下記のエラーが発生したら、起動時にファイルを右クリック > 「管理者として実行」で実行する。
  • バッチ起動の動作確認は、上記の「サービス」一覧にて状態が変更されることで確認すればOK
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした