Help us understand the problem. What is going on with this article?

Sublime Text でMarkdownのプレビュー方法(HTML編)

More than 3 years have passed since last update.

Sublime TextでMarkdown形式のファイルのプレビュー方法(HTML編)

  • Markdown形式が好きでよく使うのですが、作成した文章をチーム内や組織内に提出する際にHTMLに変換することがあります。
  • また、自分用のメモであってもmd(テキスト)よりもHTML化しておいたほうが可読性があがることがあります。
  • そのために利用しているプラグインの紹介

環境

  • Windows 10 (64bit)
  • 下記はインストール済みであること。
    • Sublime Text 3
    • package control

Sublime Text 2/3 Markdown Preview

インストール方法

  • インストールするプラグイン
  1. Ctrl + Shift + p を押下し、Package Control: Install Package を選択します。
  2. Markdown Preview を選択して、インストールします。

使い方

  • Ctrl + Shift + p を押下し、Markdownを入力すると下記の3つが表示される。
    • Markdown Preview: Preview in Browser
      • 作成しているMarkdownファイルをHTML変換し、ブラウザに表示する。
    • Markdown Preview: Save to HTML
      • HTML変換してファイルを保存する
    • Markdown Preview: Copy to Clipboard
      • HTML変換したデータが、クリップボードに保存される。
  • 上記の3つの中からいずれかを選択すると、下記の選択肢が出てくるので好きな方を選択する。
    二つの違いはCSSの違いとなる。
    • gitHub
    • markdown

個人的な使い方

  • Markdown記法になれてくると、都度都度プレビューをしながら文書を作成する必要が薄れてくる。
  • 一通り書いたあとで、Markdown Preview: Preview in Browser を利用してブラウザで文書の確認。
    • そして、誤字脱字があるので修正
  • 確認が終わったら、Markdown Preview: Save to HTML を利用してHTML保存する。
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away