Rails
gcp
kubernetes
istio

Google Cloud Next 2018 Day2 イベントレポート[追記中]


基調講演


googleとコンテナ


kubernetesが提供するもの

負荷分散

オートスケーリング

継続的インテグレーション


kubernetesでは解決できてない問題がある

コンテナ同士の認証、通信がボトルネックになりやすい

→Istioならその問題を解決できる


Istioとは

サービスの接続、モニタリング、保護を一貫した方法で行える仕組みを提供するオープンソースのサービス メッシュである。


Istioが提供するもの


  • 安全なサービス呼び出し

  • ハイブリッド クラウド ワークロード

  • サービス全体の詳細な分析情報

  • DevOps を簡単にする設計

    カナリア サービス

    バージョニング

    Blue / Green デプロイ

    コンテンツ ベースのルーティング



サーバーレス

エンジニア考えること多すぎ問題(インフラ、セキュリティ、ビジネスロジック、負荷対策、etc...)

GCPはエンドトゥーエンドでサービス提供しているので、もっとビジネスに集中できるような環境を作っていきますとのこと

k native をリリースして、より抽象度を高めてKubernetesの複雑さを低減した

コンテナ実行環境をサーバレスで提供する Serverless containers をリリースした

クラウド、オンプレミス問わず、全ての環境で同じイメージを利用可能になった


Stackdriver Profiler

stackdriver logging以外にも新しいサービスが出る予定

Image from iOS (1).jpg


Skaffold

コード修正すると自動でデプロイしてくれるサービス

Skaffold

cloud

Cloud Build にて、毎日400万以上のビルドが走っている

メルカリなどの企業も採用

GitHubにて、リポジトリのルートディレクトリに Dockerfile を置くだけで設定完了


安全性を高めるカナリアリリース


  • 第1ステージ

    カナリヤビルドが一部のトラフィックに適用


  • 第2ステージ

    過去の状態と比較して問題ないかチェック


  • 第3ステージ

    本番環境に適用



クラウドとセキュリティについて

GCPの信頼性は、第三者機関の認証を通している。

透明性を重視して来た

BigQueryも2018/4から日本リージョンに適用


G suite

Gmailは 1分間に1000万通のスパムメールをブロックしている

効率性を高めるためにスマートリプライを実装した


最新クラウド型自然言語分析と翻訳サービス

ポストエディットディスタンスというものを指標にしている

修正された文字数をカウントする

値が低ければ低いほど良い

Googleは多言語に対応していて、最も精度が良かった


日経イノベーションラボの事例

auto ml translation に4000記事、50000文くらい突っ込んでみたところ、欠損が多くなってしまった

クレンジングした文章(10000文)を入れてみたところ、精度の改善がみられた

Image from iOS (2).jpg

その結果、「正しい表現」ではなく、「日経らしい、新聞記事らしい」英語になってきた

auto MLを使うには、まず徹底的にデータクレンジングすることが重要

、とか。は多すぎるので変に学習してしまうから削る


AutoML Neural Language(beta)の動作について

以下の図のように動作している

1. データ読み込み

2. モデルの学習

3. 評価

適切なモデルを見つけるために、1~3を2万回ほど繰り返す

Image from iOS (4).jpg

Image from iOS (3).jpg


マルチクラウドに取り組むべき理由とその実現方法 〜 クラウド (GCP) とエッジ (Fastly) とメルカリでの実現事例 〜


kubernetes,GCPについて

Image from iOS (6).jpg

Image from iOS (7).jpg

Image from iOS (8).jpg


CDNだけじゃないFastly

Image from iOS (9).jpg

Image from iOS (10).jpg

Image from iOS (11).jpg

Image from iOS (12).jpg

Image from iOS (13).jpg

Image from iOS (14).jpg

Image from iOS (15).jpg

Image from iOS (16).jpg


DataDogとの連携で見える化

Image from iOS (17).jpg


CASH を支える Google Kubernetes Engine

エンドポイントを返すAPIなどを独自で作っていたり、少しでもビルド時間、CI時間を短縮しようという工夫が散りばめられていた

IMG_0055.JPG

IMG_0056.JPG

IMG_0057.JPG

IMG_0058.JPG

IMG_0059.JPG

IMG_0060.JPG

IMG_0061.JPG

IMG_0062.JPG

IMG_0063.JPG

IMG_0064.JPG

IMG_0065.JPG

IMG_0066.JPG

IMG_0067.JPG

IMG_0068.JPG

IMG_0069.JPG

IMG_0070.JPG

IMG_0071.JPG

IMG_0072.JPG

IMG_0073.JPG

IMG_0074.JPG

IMG_0075.JPG

IMG_0076.JPG

IMG_0077.JPG

IMG_0078.JPG

IMG_0079.JPG

IMG_0080.JPG

IMG_0081.JPG

IMG_0082.JPG

IMG_0083.JPG

IMG_0084.JPG

IMG_0085.JPG

IMG_0086.JPG

IMG_0087.JPG

IMG_0088.JPG


DB schemaまわり

IMG_0089.JPG

IMG_0090.JPG


モブコードリーディング

IMG_0091.JPG

IMG_0092.JPG

IMG_0093.JPG


BANKを支えるエンジニア文化

IMG_0094.JPG

IMG_0095.JPG


最後に

GoogleCloudNextに登壇した弊社のリードエンジニアが主催するGASハンズオンのイベントを開催します!

公式チュートリアルから実践までの流れをハンズオンで進めていきます。ぜひご来場ください。