Help us understand the problem. What is going on with this article?

macbookでC言語を学習する方法

本稿では、私が柴田望洋著の『新・明解C言語 初級編』と『新・明解C言語 中級編』で独学してる際につまづいた以下に2点についての解決策を記録しています。

  1. XcodeでC言語のコーディングからプログラムの実行結果の確認をする方法
  2. printfの\a(ビープ音)や\b(後退)を確認する方法

*Xcodeはmacbookで使用できるアプリケーションです。Xcodeのインストールの説明は飛ばします。

XcodeでC言語のコーディングからプログラムの実行結果の確認をする方法

Xcodeを開きます。
1.Xcode起動.png

プロジェクトの作成を行います。
Xcodeの起動画面から「Create a new Xcode project」を選択します。
以下のような画面が出てきます。これはプロジェクトの種類を指定する画面です。
柴田氏の参考書では、コンソールプログラムを作成しているので、「macOS > Command Line Tool」を選択して、右下の「Next」をクリックします。
2.プロジェクト作成1.png
次にプロジェクトの名前などを指定する画面が出てきます。
Product NameやOrganization Nameなどは適当な名前を入力してください。
LanguageはC言語を扱うので「C」を指定してください。
右下の「Next」をクリックします。
2.プロジェクト作成2.png
Finderが開くのでプロジェクトを保存する場所を指定します。
プロジェクト画面が出れば、プロジェクトの作成は終わりです。
3.プロジェクト画面2.png

コーディングをします。
下のコードをコーディングします。
Hello World!を表示するプログラムです。

test.c
#include <stdio.h>

int main(void)
{
    printf("Hello, World!\n");
    return 0;
}

プロジェクト画面の左側にあるナビゲーターエリアに注目してください。
プロジェクトと同名のフォルダにあるソースファイルをクリックします。
3.プロジェクト画面.png
エディターエリアにソースファイルが表示されるのでコーディングしていきます。
5.コーディング.png

プログラムの実行結果の確認をします。
左上の「▶︎」のボタンをクリックすると、コンパイルと生成した実行ファイルの実行が行われ、プロジェクト画面の下側にあるデバックエリアにプログラムの実行結果が表示されます。
6.コンパイル実行.png

ただし、この実行結果の確認方法では、\aや\bなど確認の取れないエスケープシーケンスがでてきます。これはコンソールの問題に思われます(たぶん・・・)。
デバックエリアの右側はコンソールの役割を果たしてるらしいのですが、確認の取れないエスケープシーケンスが出てくるあたり、あまり親切では無さそうです。
次項の方法でこれらを実行確認することができます。

printfの\a(ビープ音)や\b(後退)を確認する方法

作成したCファイルをターミナルからgccでコンパイルして実行確認するという方法もあります。
しかし、今回はもっと楽にXcodeによって生成された実行ファイルから実行確認する方法を記述します。

コーディングをします。
以下のコードをコーディングします。
Hello World!を表示して1秒ごとにビープ音を鳴らしながら右から一文字ずつ消していくプログラムです。

test.c
#include <stdio.h>
#include <time.h>

void Mysleep(unsigned long x)
{
    clock_t c = clock();
    while((1000.0 * ((clock() - c) / CLOCKS_PER_SEC)) < x);
}

int main(void)
{
    int i;
    printf("Hello, World!");
    fflush(stdout);
    for(i = 0; i < 13; i++)
    {
        Mysleep(1000);
        printf("\a\b \b");
        fflush(stdout);
    }
    return 0;
}

Xcodeでコンパイルされた実行ファイルを確認
左上の「▶︎」のボタンをクリックすると、コンパイルと実行が行われますが、ビープ音を鳴らしながら右から一文字ずつ消していく過程は確認されません。
7.未確認.png
プロジェクト画面の左側にあるナビゲーターエリアに注目してください。
プロジェクトと同名のフォルダとは別にProductsという名前のフォルダがあるので開いてください。
プロジェクトと同名の実行ファイルが現れるのでクリックしてください。
8.実行ファイル確認.png

Finderで実行ファイルを表示する
プロジェクト画面の右側にあるユーティリティエリアに注目してください。
9.ユーティリティエリア.png
実行ファイルのディレクトリの確認が取れます。右矢印のボタンをクリックすれば、Finderが開きます。
10.Finder.png

実行ファイルを実行する
Finderに表示されている実行ファイルをダブルクリックすればターミナルが開いて実行確認ができます。
11コンソール確認.PNG

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away