search
LoginSignup
0

posted at

updated at

【AWS】LaravelアプリをEC2デプロイ②【Route53編】

0. はじめに

大阪のLaravel初学者サウナーこと、kazumakishimoto(@kazuma_dev)です!
お名前ドットコムで独自ドメイン取得→Route53登録方法です。

0-1. 前回記事

  • 【AWS】LaravelアプリをEC2デプロイ【まとめ編】

  • 【AWS】LaravelアプリをEC2デプロイ①【CloudFormation / EC2 / RDS編】

0-2. 全体の流れ

1.お名前ドットコム
2.Route53
補足
Reference
次回記事

0-3. 本記事の対象者

  • EC2パブリックIPデプロイ完了しており、Route53で独自ドメインを取得したい方

0-4. 事前準備

  • AWSアカウント作成済み
  • EC2(EIP)デプロイ済み
  • リージョンはアジアパシフィック(東京)ap-northeast-1
  • grflhogeはサンプル名なので適宜変更して下さい

0-5. 要件

  • 独自ドメイン取得(お名前ドットコム)
  • Route53登録(EIP)
  • 独自ドメインのブラウザ表示

0-6. 本番環境

ツール バージョン
OS Amazon Linux 2
nginx 1.12
PHP 7.4.28
Laravel 6.20.44
MySQL 5.7.37
Composer 1.10.26
Node.js 13.14.0

0-7. AWS構成図

aws

1. お名前ドットコム

1-1. 独自ドメイン取得

  • .comが取得できなかったため、.workを取得(※お名前ドットコム2年目料金表要参照)

image.png
image.png
image.png
image.png
image.png
image.png

1-2. 自動更新解除

image.png
image.png
image.png
image.png
image.png
image.png

2. Route53

2-1. ホストゾーン作成

image.png
image.png
image.png

2-2. ネームサーバー変更

image.png
image.png

2-3. Elastic IP紐付け

image.png
image.png

2-4. 動作確認

local
$ dig grfl.work NS +short
ns-xxxx.awsdns-xx.org.
ns-xxx.awsdns-xx.net.
ns-xxxx.awsdns-xx.co.uk.
ns-xxx.awsdns-xx.com.
local
$ nslookup grfl.work
Server:     xxxx:xx:xxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx
Address:    yyyy:yy:yyy:yyyy:yyyy:yyyy:yyyy:yyyy#53

Non-authoritative answer:
Name:	grfl.work
Address: xx.xxx.xxx.xxx

image.png

  • ブラウザにドメイン名を入力して表示すれば完了

補足

開発環境(FW/ツールのバージョンなど)

ツール バージョン
Vue.js 2.6.14
jQuery 3.4.1
PHP 7.4.1
Laravel 6.20.43
MySQL 5.7.36
Nginx 1.18.0
Composer 2.0.14
npm 6.14.6
Git 2.33.1
Docker 20.10.11
docker-compose v2.2.1
PHPUnit 8.0
CircleCI 2.1
heroku 7.59.4
MacBook Air M1,2020
macOS Monterey 12.3
Homebrew 3.3.8

ディレクトリ構造

【ルートディレクトリ】
├─ .circleci
│   └─ config.yml
├─ aws / CloudFormation
│   └─ ec2.yml
├─ docker
│   └─ mysql
│   └─ nginx
│   └─ php
│   └─ phpmyadmin
├─ src
│   └─ 【Laravelのパッケージ】
└─ docker-compose.yml

Reference

次回記事

  • 【AWS】LaravelアプリをEC2デプロイ③【ACM / ELB編】

  • 【AWS】LaravelアプリをEC2デプロイ④【CircleCI / CodeDeploy編】

  • 【AWS】LaravelアプリをEC2デプロイ⑤【SNS / Chatbot編】

  • 【AWS】LaravelアプリをEC2デプロイ⑥【S3編】

  • 【AWS】LaravelアプリをEC2デプロイ⑦【API編】

  • 【AWS】お役立ちリンク集【随時更新】

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0