Help us understand the problem. What is going on with this article?

矢印キーをホームポジションあたりに割当てる

はじめに

タイピング時に激しく矢印キー(←↑↓→)とホームポジションを移動するのが煩わしくなり設定した。
躓かなければ15分くらいで設定できる。

  1. AutoHotKeyのインストール
  2. Change Keyのダウンロード
  3. 右側のAltをF13に変更
  4. AutoHotKeyのキー設定

設定内容

1. AutoHotKeyのインストール

インストーラをダウンロードして実行する。
AutoHotKey
※編集時点でCurrent Versionは1.1.30.03

2. Change Keyのダウンロード

右AltキーをF13に変更する際に利用するためダウンロードする。
ダウンロードしたLZHファイルを解凍するとChgKey.exe実行ファイルが入っている。
無くさないようにChgKey.exeファイルはAutoHotKeyのインストール先ディレクトリに配置した。
窓の社 Change Key

3. 右側のAltをF13に変更する

Change Keyを管理者権限で実行してレジストリを書き換えて右AltキーをF13(0x0064)に変更する。
Change Keyを終了するタイミングで再起動がかかる。
参考用 → 右AltにIME オン/オフ キーを割り当てる

4. AutoHotKeyのキー設定

キーリストを参考に設定用のahkファイルを作成してスタートアップのフォルダに配置する。
※スタートアップのフォルダ表示 [Win + R]→[shell:startup]→[Enter]
Vim配置やCapsLockをCtrlに変更してもいいかもしれない。
キーリスト参考用

MySettingKey.ahk
F13 & J::Send,{Blind}{Left}         ;←
F13 & K::Send,{Blind}{Down}         ;↓
F13 & I::Send,{Blind}{Up}           ;↑
F13 & L::Send,{Blind}{Right}        ;→
F13 & U::Send,{Blind}{PgUp}         ;PgUp
F13 & O::Send,{Blind}{PgDn}         ;PgDn
F13 & H::Send,{Blind}{Home}         ;Home
F13 & `;::Send,{Blind}{End}         ;End
F13 & A::Send,{Blind}{Backspace}    ;Backspace
F13 & S::Send,{Blind}{Delete}       ;Delete
F13 & Enter::Send,{Blind}{AppsKey}  ;右クリックメニュー表示
F13 & E::Send,{Blind}{esc}          ;esc

ahkファイルの右クリックメニューから[Run Script]で常駐させれば設定完了。
image.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした