Edited at
LIGincDay 15

pyenvを利用してPython環境を整備する方法

More than 3 years have passed since last update.

LIGアドベントカレンダー15日目です!こんにちは、Jack (@kazuhikoyamashita) です。

最近の趣味はPythonで行列計算をする事です。

今回は、pyenvを利用してPython環境を構築する手順をまとめたいと思います。


pyenvをインストールする


brewコマンドを実行する

pyenvをインストールするには下記コマンドを実行します。

brewコマンドで簡単にインストールする事ができます。

% brew install pyenv


.zprofileに設定を追記する

ターミナル起動時にpyenvが自動実行させるように、.zprofileに下記設定を追加してください。

% echo 'if which pyenv > /dev/null; then eval "$(pyenv init -)"; fi' >> ~/.zprofile


設定を反映する

sourceコマンドを利用して、.zprofileに追記した設定を反映します。

反映するためのコマンドは下記となります。

% source ~/.zprofile


Pythonをインストールする


Pythonのバージョンを調べる

Macに標準インストールされているPythonのバージョンを調べます。

バージョンを確認するには、下記コマンドを実行します。

私の環境では、現在Python 2.7.10がインストールされています。

% python --version

Python 2.7.10

今回はpyenvを利用して、最新(2015/12/15時点)のPython 3.5.0をインストールしてみます。


Python 3.5.0をインストールする

Python 3.5.0をインストールするには、下記コマンドを実行してください。

% pyenv install 3.5.0

他のバージョンをインストールしたい場合は、下記コマンドでインストール可能なバージョンを確認する事ができます。

% pyenv install --list


Python環境の切り替え

システムのPython環境からpyenvでインストールしたPython環境に切り替えるには、下記コマンドを実行してください。

% pyenv global 3.5.0

% python --version
Python 3.5.0

これでPython 3.5.0に切り替わりました。


実際に動かしてみる

下記手順で「Hello, World!」を出力してみましょう。

% python

Python 3.5.0 (default, Dec 9 2015, 17:22:19)
[GCC 4.2.1 Compatible Apple LLVM 7.0.0 (clang-700.0.72)] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> string = 'Hello, World!'
>>> str(string)
'Hello, World!'

次回は行列計算の記事を書きたいと思います。

以上です!