GitHub
clone
失敗
HTTPS
CentOS6

Cent OS 6でgithubからのgit cloneに失敗したのでメモ

More than 1 year has passed since last update.

昨日、とあるCent OS 6で稼働させている古いサーバーにrubyの新しいバージョンを入れようとgithubからrbenvをcloneしようとしたらえらーになったのでメモ


エラーの内容

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git

Initialized empty Git repository in /home/kazu/profile-service/rbenv/.git/
error: while accessing https://github.com/rbenv/rbenv.git/info/refs

まだ詳しく調べてはいないけど、どうやらこれは既知の不具合(SSLに起因する?)らしく、gitコマンドでのSSLのベリファイを無効化したらエラーはなくなった。


以下を設定

git config --global http.sslVerify false


あとでちゃんと調べなきゃ…

2017-03-19 追記「SSLのベリファイの無効化」でgit cloneは成功したけれど、その後のインストール作業中にやっぱりcurlを使ってのhttps:プロトコルでのファイルダウンロードなども失敗するのでちゃんと原因を調べたら、Cent OS 6でインストールされているCA証明書の情報が古くて色々なサイトでのSSLの認証でエラーが起きていたようです。

で、結局正しい解決方法は「新しいCA証明書の情報をどこからかダウンロードしてきてCent OS 6に設定する」でした。

今回はcurlのWebサイトから「CA証明書の情報」をダウンロードして置き換えを行いました。


ca-bundle.crtの更新

wget http://curl.haxx.se/ca/cacert.pem --no-check-certificate

sudo mv cacert.pem /etc/pki/tls/certs/ca-bundle.crt