Help us understand the problem. What is going on with this article?

Node.js + axios で 画像を mulitpart/form-data でアップロードしようとしてハマった話

はじめに

この記事は Goodpatch Advent Calendar 2019 の3日目です.

サービス開発でかかせないテストですが、テストデータの登録は数が多いと結構手間がかかったりします。
この記事では、Node.jsでテストデータを自動登録しようとしたときに詰ったポイントと、その解決の紹介をします。

やりたかったこと

Node.jsのスクリプトでローカル上の画像ファイルをmulitpart/form-dataで送信したかったので、
フロント側と同じくaxiosで書こうとしました。

結論

最終的に動いたコードはこちらです。

const fs = require('fs')
const axios = require('axios')
const FormData = require('form-data')

const uploadImage = async ({ auth_token, imageFilePath }) => {
  const form = new FormData()
  const file = fs.createReadStream(imageFilePath)
  form.append('image_file', file)
  const config = {
    headers: {
      'X-AUTH-Token': auth_token,
      'X-API-Token': env.API_TOKEN,
      ...form.getHeaders(),  // ← ← ← ← ここ!!
    },
  }
  const result = await axios.post(env.API_BASE_URL + 'api/v1/images', form, config)
}

経緯

目的

テスト用の大量のデータをフロント経由で準備するのが面倒だったので、API経由でデータを一括登録するためにNode.jsでスクリプトを作ろうとしました。

最初のコード

const fs = require('fs')
const axios = require('axios')
const FormData = require('form-data')

const uploadImage = async ({ auth_token, imageFile }) => {
  const form = new FormData()
  const file = fs.createReadStream(imageFile)
  form.append('image_type')
  form.append('image_file', file)
  const config = {
    headers: {
      'content-type': 'multipart/form-data',
      'X-AUTH-Token': auth_token,
      'X-API-Token': API_TOKEN,
    },
  }
  const result await axios.post(env.API_BASE_URL + 'api/v1/images', form, config)
}

エラー

{
  "status": 500,
  "statusText": "Internal Server Error"
}

なるほどわからん

どつぼにはまりました(1時間)

違いの比較

ちゃんと送信できているフロント側のコードと比較するとRequest Headersがなんか違いました

Node.jsのヘッダー

{
  "Content-Type": "mutlipart/form-data"
}

フロントが送信しているヘッダー

{
  "content-type": "multipart/form-data; boundary=----WebKitFormBoundaryYtLvDL7BwH9NCRJja"
}

content-type 消してみた

自前で付けている 'content-type': 'multipart/form-data'消してみましたが駄目。
Request が multipart/form-dataになってないことによるエラーが発生。

{
  "status": 400
}
{
  "Content-Type": "application/x-www-form-urlencoded" 
}

調べたら情報あった

node.js axios FormData でググったらバッチリでました。ありがたや。

https://qiita.com/itoudium/items/d9f04f379d34265387d8#axios%E3%81%A7formdata%E3%82%92%E9%80%81%E3%82%8B

要するに

FormDataが自身の送信用headerを、getHeaders関数で生成してくれるので、それ使えやオラァ!ということです。

 headers: {
   'X-AUTH-Token': auth_token,
   'X-API-Token': env.API_TOKEN,
   ...form.getHeaders(),  // ← ← ← ← ここ!!
 },

結論

同一コードでフロント上では問題なかったので混乱しました
最初からググって調べようね(教訓)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした