Linux
CentOS
Yum

yumコマンド一覧

インストール

yum install mysql

スペース区切りで複数可能。

yum install mysql mysql-devel mysql-server mysql-utilities

ワイルドカード使える。

yum install mysql*

アップデート

yum update mysql

スペース区切りで複数可能。

yum update mysql mysql-devel mysql-server mysql-utilities

ワイルドカード使える。

yum update mysql*

削除

※ちなみにremoveとeraseはどちらも同じ。

yum remove mysql

スペース区切りで複数可能。

yum remove mysql mysql-devel mysql-server mysql-utilities

ワイルドカード使える。

yum remove mysql*

インストール済み/利用可能一覧

yum list [all | installed | available] パッケージ名

インストール済みと利用可能の両方表示

yum list mysql*

読み込んだプラグイン:

インストール済みパッケージ
 ※ここにインストール済みのパッケージが表示される。

利用可能なパッケージ
 ※ここに利用可能なパッケージが表示される。

インストール済みのパッケージのみ表示

yum list installed mysql*

読み込んだプラグイン:

インストール済みパッケージ
 ※ここにインストール済みのパッケージが表示される。

パッケージの検索

「yum list | grep mysql」に比べて、概要も表示してくれるので便利。

yum search mysql

パッケージの詳細情報を表示

似たパッケージがある場合、詳細を確認。

yum info mysql

重要な実行の前に確認をしない

-yオプションをつける。

yum install -y mysqld

一時的に特定のリポジトリを有効にする

mysqlやphpなどはyumのデフォルトのリポジトリでは古いのでremiなど別のリポジトリからインストールする。その際使う。

設定ファイルを編集すること無く有効にすることができる。設定ファイルでいうenabled=1を指定したのと同じです。

remiリポジトリを有効にしてphpをインストールする。

yum --enablerepo=remi install php

複数指定する場合は「,(カンマ)」で区切る。

yum --enablerepo=remi,ius install php

参考
yumの設定から便利な使い方まで徹底的に解説
初心者の頃に知っておきたかった rpm と yum の違いと使い分け