Edited at

Sensuで最初にやるべきことについて。

More than 1 year has passed since last update.

Sensuで登録する際に、まずどこからやればいいかについて公式ページのどこにもGetting Started的なページがなかったので苦戦した記録。一応中の人ですがこれワカリズレエヤってなったので。


0. Sensuってなんぞや

サービス監視ソフトの方じゃなくて、「多通貨」「多プラットフォーム」対応の投げ銭システム。公式サイトはこちら

公式で対応しているのはTwitter/Discord/Telegram/LINE。ただ、作りたい人が自由にプラットフォームを作って対応可能なので、個人IDがとれるものなら作りさえすれば何でもできそう。実際、Sensu対応を謳いながら特定通貨のみ対応させることも難しくない(というか早く見たい)。


1. アカウント登録

いわゆる「どこでも簡単に投げ銭ができる!」とは言っていますが、多プラットフォームで使う前提で考えると登録を最初にしたほうがスムーズになります。

1. Sensu公式サイトの登録ページを開く。

2. ざくざくとID/Passを入力し、利用規約を確認、CAPCTHAを通過。

(パスワードは確か8文字以上で通る。CAPTCHA楽になったもんだ。)

image.png

3. アカウント作成が終わるのでログインをクリックし、先ほど入力したID/Passを入力、CAPTCHA通過後ログイン。

ここまでできりゃアカウント作成はおしまい。


2. 連携

「agreeコマンドを入力すりゃ使える」っていう風に言われているけども、連携すればそもそもそれすら打つ必要ない感じ。そもそもアカウント作成時に利用規約に同意しているからね。

今のところ公式プラットフォームの数が少ないので全部書く。公式以外もプラットフォームを作れるようになっているからその説明はこの後で。


Telegramでの連携


  1. 公式ページの公式サービスよりリンクを確認。Tipsensubot

  2. Telegramにて追加。1to1のページに移されるのでそこで待機。

  3. 公式サイトのログインページで
    ログイン→連携タブ→連携から連携コードを発行。

  4. ここで発行した連携コードを使って、TelegramのtipSensuBotに対してlinkコマンドを送信。

    Example: /link <連携コード>

  5. 連携完了した旨の表示が出ればOK。

連携コードに関して、「使われるとまずい」って書いてあるから要は失敗してもOKなところで使えばいいやー、って発想でほかのプラットフォームでも連携していく。


Discordでの連携


  1. 公式ページの公式サービスより公式サーバーに参加

    右側に書かれているものを見ればOK。左側は自サーバーに追加するときのやつ。

  2. 下の画像のように右側にアイコンが見えるので、Sensu[BOT]を右クリックして[メッセージ]をクリックし、DMに呼ぶ。

    SensuBOT,Discord

  3. DMにてTelegramと同様に連携コードを発行し、linkコマンドを送信。

    Example: ./link <連携コード>

  4. 連携完了した旨の表示が出ればOK。


Twitterでの連携


  1. 公式ページの公式サービスよりTwitterBotのリンクを確認。

  2. ダイレクト…からDMにSensuを呼ぶ。

    image.png

  3. DMにてTelegram/Discordと同様に連携コードを発行し、linkコマンドを送信。

    Example: link <連携コード>

  4. 連携完了した旨の表示が出ればOK。


LINEやそのほか独自プラットフォームでの連携

今までのと同じように、「少なくともほかの不特定多数の方に見えないような場所で」連携させればOK。あくまでも連携コードは一回こっきりのものなので、基本正常に連携できていれば取られないが、怪しいのでは事前に確認を行う。


3. 実際にdeposit,withdraw,tip,rainを行う

ここに関してはここでまとめなくてもなんとなく想像できるが、ざくざくと書いておく。


  • depositで入金アドレスを表示して入金

  • tipでその人に贈る予約をする(相手が三日以内にbalanceなどで確認しなかったばあい、戻ってくる)

  • rainで直近三日にそのプラットフォームで何かの動作をしている人にぶん投げ

  • withdrawで引き出し
    (送れる料金は微妙に減るので、送金料が事前に決まっているもの相手に直接送らないこと!!!)

ベータ2からは公式以外でもサービスを作成することができるようになったので、自鯖用のBotとか自鯖のところで三日以内に操作している人にrainってこともできるようになってたりするので、できる人はやってみると幸せになれそう。

はぶふぁん。