Windows
VirtualBox

プログラミングを始めたいけど環境構築がわからない人用メモ

More than 3 years have passed since last update.

この記事の対象者

  • プログラミングとかやったことない
  • Windows 以外の OS 触ったことない
  • でも Linux は気になるかもしれない
  • プログラミングもできたらやりたいかもしれない

はじめに

「プログラミングをやってみたいけど『Windowsじゃつらいよー』『MacやLinuxのほうが向いてるよー』と言われた」という人は多いと思います。
Windows は Eclipse や Visual Studio でカバーできる範囲のことならいいのですが、

  • 周りのプログラマがみんな Linux か Mac OS X を使ってる
  • Windows はなんとなく嫌なのでカッコつけたい
  • 使いたいソフトウェアをググったら Linux の記事しかなかった
  • フォロワーに質問したら「Windowsじゃわかんないわ」って言われた

など、様々な理由から「Windowsはプログラミングに向いていない気がする」と感じてる人は多いと思います(個人の感想です)。

というか、そういうリプライをよくもらうので、私がいつも答えてるものをまとめておこうと思っただけです。

じゃあどうするのがいいか

考えられる現実的なパターンは次の3種類

  • Mac を買う
  • Windows のままがんばる
  • Linux をインストールする

iOS アプリを開発したい人か、お金持ちか、スタバでドヤ顔したい人は Mac を買ってください。
Windows のまま進めるのは私はあまり詳しくないので扱いません。
ここでは Linux をなんとかして使う場合で考えています。
というわけで以下の様な選択肢があります。

デュアルブート

既存の Windows とは別に Linux をインストールする方法。
パソコンを起動した時に、Windows と Linux どちらを起動するかを選択する画面が表示されるようになります。

メリット

  • 後述する仮想マシンによる方法とくらべて無駄にCPUやメモリを食わないので軽い。

デメリット

  • インストールに失敗すると Windows が消える。
  • パーティションの設定や概念が面倒(簡単に言うと、ハードディスクのどれくらいの容量を Windows と Linux で分け合うか決めないといけない)

仮想マシン

Windows の中に仮想的なパソコンを生成して、その仮想マシンに対して Linux をインストールできるという革新的な技術を使ったアプリがあります。

OSX上にLinuxを動かしている様子

たとえば上記は Mac OSX の中に仮想マシンを作って、そこに Ubuntu Linux を入れて起動しているところです。
ちょっとよくわからないかもしれませんけど、ウィンドウの中で更に別のOSが動いています。ほんとどえらいアプリですね。

メリット

  • 仮想マシンに Linux を入れるのでなにをしようが Windows には影響がない。

  • 仮想マシンはひとつのファイルのように扱うことが出来るので、マシンをたくさん作ったり、削除したり、コピーしたりすることもできる。

デメリット

  • 仮想マシンを扱うためのソフトウェアのインストールの手間がある
  • OSの上でOSを動かすのでそのぶん余計にメモリやCPUリソースが費やされる(要するに重い)

結局どうすればいいの

メモリが8GB以上あって、HDDの空き容量が30GB以上あって、CPUが Core i5, i7 かそれ以上なら仮想マシンを扱うためのソフトウェアである Virtualbox のインストールをおすすめします。

というかデュアルブートは失敗してブートできなくなっても責任が取れないのでおすすめしません。自己責任でやってください。

どうやって仮想マシンとか入れるの?

長くなったので続きはまた今度(ググればたくさん出てきます)。