Linux
CentOS
Ubuntu
Delphi
RadStudio

DelphiのLinux向け開発で使うPAServerをteratermやwgetでUbuntu, RHEL, CentOSに転送する

PAServer を Linux にコピーって、具体的にはどうやればいいの?

RAD Studio/Delphi 10.2 Tokyo では Linux 向け開発が行えるようになったわけですが、RAD Studio/Delphi のマルチプラットフォーム開発では PAServer というプログラムを Linux 上にて実行させる必要があります。

これについて DocWiki 上の文書を参照してみると、実にあっさりとした話で紹介されています。「LinuxPAServer19.0.tar.gz ファイルを上記の場所から、Linux マシン上のローカル ディレクトリにコピーします。」ですよ。

http://docwiki.embarcadero.com/RADStudio/Tokyo/ja/Linux_%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0_%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB

ま、いまどき、Linux を使ったことが無い開発者というのは相当にレアケースだろうとは思うのですが、もうちょっと説明してくれていても良さそうなものです。

そこで、ここでは DocWiki に書かれていない部分を幾つか盛ってみます。

事前準備

TeraTerm をインストールしておく

TeraTerm は OSDN で配布されていますから、これをインストールしておきます。
https://ja.osdn.net/projects/ttssh2/

対象インスタンスのIPアドレスを確認しておく

対象インスタンスで ip addr show とか ifconfig を実行すればIPアドレスが分かります。

(世の中的には ifconfig はオワコンで今後は ip コマンドにシフトするようですから、ifconfig ではなく ip コマンドに慣れて頂くほうがよいのですけど)

image

以後の作業は TeraTerm から対象インスタンスに ssh 接続して行います。

コピー方法2種類のご紹介

方法1: TeraTerm Pro で対象インスタンスにログインして、ドラッグ&ドロップで一発ですよ!

TeraTerm には SCP という機能が内包されていて、エクスプローラからドラッグ&ドロップするだけでファイル転送できます。以下のスクリーンショットは ssh でログインしてからドラッグ&ドロップして PAServer を実行するまでの流れを説明しています。

copy_paserver_with_teraterm.gif

たぶん、これが最もカンタンな方法です。

その他のコピー方法

方法2: Ubuntu/RHEL/CentOS で samba をセットアップしてファイルコピーする

エンバカデロのMVPである Jun HOSOKAWA さん @pik が書かれた記事 Delphi 用に Hyper-V で Ubuntu 環境を作る の中で紹介されている方法です。

この方法は PAServer のコピー以外にも使えますから、汎用的に使えますね。そしてその時に複数ファイルを一度に取り扱うこともできます。TeraTerm の SCP は一度に1ファイルしかコピーできないので、複数のファイルをコピーするのには向きません。

方法3: WinSCP でコピーする

エンバカデロ本社のエバンジェリストな方々が行うデモで主に用いられている方法がコレですが、説明は省略します。行う内容は teraterm に対してドラッグ&ドロップするのと大差はありません。

方法4: USBメモリ経由でコピーする

実サーバやUSBをサポートする仮想マシンなら、この方法も使えます。

ただし Linux を CUI でインストールした場合やリモートログインで作業する場合は USB メモリを含むリムーバブルデバイスの操作の難易度が上がります。やることは mount コマンドや umount コマンドを使うだけなのですが UNIX の経験値が少ない方には「なにソレ?」的な操作です。そういう方には積極的にはおススメしません。

方法5: インターネットから wget でダウンロードするのもありです

PAServer のダウンロードURLは DocWiki のドキュメントに記載されていますので、これを Linux 側で直接ダウンロードしていただけます。

wget は Unix で標準的に用いられるダウンローダです。

実際の実行例はコレ。

copy_paserver_from_internet.gif

実行例ではURLを手打ちしてますけど、これは単に操作してる感じを演出しているだけです。普通はコピペしてください。

ただし、Delphi のインストール後にホットフィックスを適用して、なおかつホットフィックスに PAServer が含まれている場合は、それらに添付のものをご使用になるほうが確実です。また 10.2.1 向けの PAServer はダウンロードURLが DocWiki に記載されておりませんので、この場合も製品添付のものをご利用ください。