Windows
mitmproxy

Windows版のmitmweb.exeが起動しないときはVisualStudio2015のVisualC++再頒布可能パッケージをインストールしてみる

More than 1 year has passed since last update.

HTTP/HTTPSの通信内容を調べたいときには mitmproxy や owasp-zap を使うことが多いと思うのですが、owasp-zap は脆弱性検査のツールなので、単に通信内容だけを見たい場合は mitmproxy のほうが便利ですよね。

そしてmitmproxyをWindowsで使う場合はPortable版のZipを使う方は割と多いんじゃないでしょうか。私の場合は複数の試験環境で共用したいのでVMware Workstationの各ゲストマシンから参照する共用フォルダに入れています。Portable版はこのような使い方ができてインストール不要なので大変助かります。

しかし、Portable版の筈なのに、なぜかこんなエラーが出て使えないことがあります。(installer 版で再現するかどうかは確認しておりません)

image.png

Python35.dll が無い、とか言われても Portable 版のアーカイブにこんなものは含まれていないので困るのですが、この場合は Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ をインストールすると解決するかもしれません。手元の複数の環境では、いずれもこれをインストールすることで解決しています。

image.png

このときにインストールすべきなのは 32bit 版の vc_redist.x86.exe であることに注意してください。

インストールすれば、このようにちゃんと起動するようになります。

image.png

image.png

ちなみに mitmproxy の最新版はこの記事の執筆時点(2017/7/11) では v2.0.2 でした。
https://github.com/mitmproxy/mitmproxy/releases/ より入手できます。そして赤で囲っているのが Portable 版ですね。

image.png

See also

https://github.com/mitmproxy/mitmproxy/issues/1763