Edited at

MurataのLoRaWANチップCMWX1ZZABZ搭載ボードをArduino IDEで開発(環境構築編)

More than 1 year has passed since last update.

STマイクロのB-L072Z-LRWAN1のような

MurataのLoRaWANチップCMWX1ZZABZを搭載したボードの開発環境として

Arduino IDEを使ってみました。

参考にしたページ

https://github.com/GrumpyOldPizza/ArduinoCore-stm32l0

このページに書かれている通りに設定していけば動くと思います。

・先ずは Arduino IDEの環境設定への追加

 [ファイル] → [環境設定]

 追加のボードマネージャのURLに

 {https://grumpyoldpizza.github.io/ArduinoCore-stm32l0/package_stm32l0_boards_index.json}

 を追加します、すでに別の追加のボードを設定している場合は改行して追加します。

・次にボードマネージャへの追加

 [ツール] → [ボード] → [ボードマネージャ]

 {Tlera Corp STM32L0 Boards} をインストールします。

 (2018年7月8日時点では Ver0.6が最新版)

これで、MurataのLoRaWANチップ(CMWX1ZZABZ)を使ったボードの開発環境が整いました。

なお対応しているボードは

Tlera Corp

Grasshopper-L082CZ(*)

Cricket-L082CZ

Cicada-L082CZ

STMicroelectronics

B-L072Z-LRWAN1(*)

P-NUCLEO-LRWAN1

NUCLEO-L053R8

NUCLEO-L073RZ

です。(
)は検証に使ったボードです。

Arduino IDEの [ツール] → [ボード] からこれらのボードを選択できるようになっているはずです。

ちなみに今回インストールしたソースファイルとサンプルファイルは

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Arduino15\packages\TleraCorp\hardware\stm32l0\0.0.5\libraries\LoRaWAN

フォルダーに置かれています。

次回はこのサンプルプログラムを基にプログラムを組んでみます。