Edited at

tmuxのステータスラインの色を起動したホスト毎に変える

More than 5 years have passed since last update.


動機


  1. 自宅でMBAでtmux起動して作業したり、会社のPCでtmuxして作業したり、リモートにsshしてからtmux起動して作業したり、しかも更にそれらを入れ子で行ったり、といったふうに使い方に応じて色んな場所でtmuxを起動してるんだが…。

  2. たまに今作業してる端末がどこのtmuxなのか勘違いしたまま作業をしてしまい、あれ?てなることがあります。

  3. 一応ステータスラインの脇の方にホスト名は表示してるので確認すればわかるんだけど、普段はあまり目に入らない模様。

  4. そんなわけでより目に入りやすいステータスライン全体の色を変えたら良いんじゃないかなってことで試してみた。


設定内容

自分用の設定ファイルは基本githubで管理しててどのホストでも共通のを使ってるので環境変数をみて切り替えるようにしてみた。


~/.tmux.conf の抜粋。

デフォルト(その他サーバ)はマゼンダ、仕事PC(ホスト名:trooper)はシアン、MacbookAirは緑にしてます。


~/.tmux.conf

set-option -g status-bg magenta

if-shell '[[ "$HOSTNAME" == "trooper" ]]' "set-option -g status-bg cyan"
if-shell '[[ "${OSTYPE:0:6}" == "darwin" ]]' "set-option -g status-bg green"

if-shellは便利です、ここでは適当に環境変数をみて設定を上書きしてます。



  • HOSTNAMEは言わずもがな


  • OSTYPEdarwinってのはMac OSチェックです。


適用後の見た目

こんな感じ。

screenshot

現在の作業端末がわかりやすくなって満足です。

ところでこの入れ子のスクリーンショット取ってて気づいてしまったんだが、各ホストで時計ズレ過ぎww この後ntpdateした上でntpdが起動するようにしておきました(^^;


はてダからのセルフ転載です

via. http://d.hatena.ne.jp/y-kawaz/20130319/1363672391

新はてダの存在により旧はてダが阻害されてる感に辟易したのでQiitaへ脱出中