Help us understand the problem. What is going on with this article?

Google日本語入力の辞書を複数PCでクラウド同期させる

More than 5 years have passed since last update.

同期辞書の廃止が決定!\(^o^)/オワタ

Google 日本語入力開発版の同期機能廃止について - Google Japan Developer Relations Blog

これによると2013年12月9日をもって終了らしいです。

廃止理由も書かずにサラッと終了とか…、Google Readerのトラウマに続いてまたかって感じですね。もうGoogleのプロダクトやサービスは安心して使えないとみんな学習しだしてると思う。

多分今後Googleが何か新サービス出してもみんな警戒してすぐには使わない→ユーザ伸びない→廃止っていう駄目スパイラルになってくんじゃないかしら。

以下、元々の本文。

序文(読み飛ばして良い)

僕は自宅やノートPCや会社や実家などいろんな環境でPCを使っています。最近はIMEならGoogle日本語入力、ブラウザはChrome、後は適当なターミナルソフト、この3大アプリがあればWindowsだろうがMacだろうがLinuxだろうがほぼ同じ環境みたいなもんで作業の9割はできちゃいます。Googleのお陰で便利になったもんだww

んで、便利といえばChromeのブックマークやパスワード同期ですがこれが超便利。複数PCどころかスマホでも同期できちゃうしね!

そんな便利なクラウド同期機能なんだけど、Google日本語入力の辞書も同期したいよねー、Googleなのに何で無いの?と最近まで思ってたんですが…、実はもう1年くらい前から辞書のクラウド同期ができるようになってたんですね!

当然のことながら、Windows、Macの両方で対応してて双方向に同期できます!

設定方法

前置きが長くなりましたが設定方法です。Google日本語入力の設定画面のどこを探してもクラウド同期機能なんて見つからない?それもそのはず、実はまだ辞書のクラウド同期は 開発版にしか無い んです!そりゃーいくら探したって見つからないわけだ…。

開発版をインストール

お手元のGoogle日本語入力が通常版なら、まずは開発版にアップデートするとこから始まります。ダウンロードは↓こちらから(これ実は通常版のダウンロードページの下の方からもこっそりリンクが張ってあります)。
https://tools.google.com/dlpage/japaneseinput/eula.html?hl=ja&extra=dev

開発版なだけに通常版よりも同意項目が多いですが、同意しないとインストール出来ませんのでまぁそこは各人でご判断ください。

クラウドタブ登場

さて無事、開発版Google日本語入力のインストールが済みましたらおもむろに設定画面を開いてみましょう。

クラウドタブ
はい出た!クラウドタブが出ました!あとはボタンをぽちっと押して指示通りにGoogleにログインして連携設定すればOKです。

同期用辞書

するとユーザ辞書内に同期用辞書ってのが出来てるはずなので、ここに適当な単語を追加しておくとそれが全PCでほぼリアルタイムで有効になるわけですね。
クラウド辞書

んー、便利!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした