Help us understand the problem. What is going on with this article?

doctrine/dbal:2.6 でPHP7.1が必要になった時の対策

More than 1 year has passed since last update.

Laravelのマイグレーションでは一部で doctrine/dbal を使う。
https://readouble.com/laravel/5.5/ja/migrations.html#column-modifiers

composer.json でこんな指定してるとする。

"doctrine/dbal": "^2.5",

PHP7.0の環境でcomposer install/updateするとバージョンが合わずにエラー。
Laravel5.5がPHP7.0なのに doctrine/dbal のために7.1が必要になる。

こう指定するとdbalは2.5だけどdoctrineの他のパッケージで7.1を要求される。

"doctrine/dbal": "2.5.*",

一つ一つ7.0で動くバージョンを指定なんてことは当然やりたくない。
7.1にするのが簡単な方法だけど一つだけまだ7.0なサーバーがあるのでなんとかする。

解決方法

composer.json でPHPバージョンを指定する。

変更前。Laravelのデフォルト。

    "config": {
        "preferred-install": "dist",
        "sort-packages": true,
        "optimize-autoloader": true
    }

変更後

    "config": {
        "preferred-install": "dist",
        "sort-packages": true,
        "optimize-autoloader": true,
        "platform": {
            "php": "7.0.25"
        }
    }

7.0は7.0.0と同じで一部パッケージでもう少し上のバージョンを要求されるのでサーバーに合わせてパッチバージョンまで書く。

この方法なら

"doctrine/dbal": "^2.5",

のままでも2.6がインストールされず他のパッケージもPHPバージョンの条件を満たしたものがインストールされる。

いずれPHP7.1にしたら元に戻す。

0.1のバージョンアップで必要なPHPバージョン変えるのはやめて欲しいけど
対策できるので BREAKING CHANGE ではないと思ってるらしい…。
http://www.doctrine-project.org/2017/07/25/php-7.1-requirement-and-composer.html

自分が作ってるものなら躊躇なくメジャーバージョン上げる。

kawax
Kobito終了後のQiita版は後から修正しないので注意。Qiitaからの通知は一切見てない。
https://kawax.biz/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした