Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS/EFS リージョン間データ転送

DataSync使えば転送できるけどわざわざ手動で設定する必要はない。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/datasync/latest/userguide/what-is-datasync.html

AWSが用意してるツール使ったほうが簡単・確実。実体はCloudFormationで必要なAWSリソースを作成する。
https://github.com/aws-samples/amazon-efs-tutorial/tree/master/in-cloud-transfer

使い方は簡単なので詳細は省略。

(未確定情報)VPCピアリングが必要かもしれない。VPCのCIDRが同じだとエラーとか色々あるので必要なら新規VPCを作る。

  • 転送元バージニアリージョン→転送先東京リージョン
  • 転送先に新規EFSを作る。(VPCピアリング使う場合マウントターゲットは新VPCのほうで設定)
  • in-cloud-transferは転送元リージョンのDeploy to AWSを選択。
  • パラメータを入力して進める。EC2インスタンスタイプはc5など指定のものしか使えないので無駄に起動したままにしないように注意。不要になったら終了していい。
  • 転送元。Systems Manager→メンテナンスウィンドウ→アクションからメンテナス時間の編集→CRON/Rate式。ここで設定した時間に転送されるので一度だけ実行されるように設定。タイムゾーンはUTC。
  • 転送先。DataSyncのページで転送状態を確認。ファイル数が多いとかなり時間がかかるはず。
  • 転送が完了したらマウントターゲットのVPCを変更。
  • 全部終わったらCloudFormationのin-cloud-transferを削除してEC2などを削除。DataSync関連は消えてないので手動で削除。

この後マウントして必要ならパーミッションなどの変更。これも時間かかる。
いきなり数百GBのEFSを転送しようとせず小さいEFSで練習したほうがいい。

東京リージョンでEFS使えるようになったのが2018年、DataSyncでEFS-to-EFSの転送できるようになったのが2019年5月末なのでリージョン間転送を実際にやった人がいなくて情報はほとんどない。AWS側の仕様も途中で少し変わってる。
https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2019/05/aws-datasync-now-supports-efs-to-efs-transfer/

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away