4
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

医療従事者のための機械学習・ディープラーニング~学習方法②医用画像情報学会主催深層学習実践セミナー~

医療従事者の方が、機械学習・ディープラーニングを学習する2回目です。

コニカミノルタ科学技術振興財団支援による医用画像情報学会主催深層学習実践セミナー
http://mii-sci.jp/handson/

年に2回、春と秋に実施されています。
私も2018年に参加させていただきました。

岐阜大学の藤田名誉教授、岐阜大学の原先生等が1日を使って、
人工知能の概要、ディープラーニングの基礎から、モデル作成、画像分類などを
しっかりと教えてくださいます。

ただし前日までに、Anacondaのセットアップは必須です。
私は、超初心者でしたのでセットアップにほぼ徹夜でした・・・。

対象は、医用画像情報会員を対象にされていますが,非会員でも受け付けて頂けます。
また当日、医用画像情報学会へ入会すれば、会員料金で受講できます。

昨年は、東京でも行われたみたいで非常に人気なセミナーだと思います。
本当に内容が濃くて格安です。

本セミナーの内容を含んだ本が昨年出版されてました。

岐阜大学の藤田名誉教授は、昨年以下の本を出版されておられます。

①医療AIとディープラーニングシリーズ 標準 医用画像のためのディープラーニング: 入門編 (日本語)
https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274223648/

②医療AIとディープラーニングシリーズ 標準 医用画像のためのディープラーニング: 実践編 (日本語)
https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274223631/

③医療AIとディープラーニングシリーズ 医用画像ディープラーニング入門 (日本語)
https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274223655/

現在、私のバイブルとなっております。
本セミナーに参加される方は、医用画像情報学会に入会されるのがベストです。

医用画像情報学会
http://mii-sci.sakura.ne.jp/wps/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
4
Help us understand the problem. What are the problem?