Python
Redis
Azure
SSL
Celery

Celery + Redis で SSL を利用する

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Celeryは、Pythonのタスクをqueueで処理するためのフレームワークです。
Celery の Broker として、Redisを利用することができるのですが、Azureの Azure Redis Cache を使うにあたり、SSLを利用する部分でハマったのでここで利用方法を残しておきます。

環境

  • Python: 3.5.2
  • Celery: 4.0.0
  • Redis: Azure Redis Cache を利用。Standardプランのため、Virtual Network内に配置することができず、Global IPに紐付いたHostに対してアクセスするので、セキュリティのためSSLの利用が必要となる。Premium プランだと、Private Subnet の中に配置することが可能。Premium Azure Redis Cache の Virtual Network のサポートを構成する方法

想定としては、WebアプリケーションのFlaskで利用していますが、他の環境でも同じだと思います。

SSLを使うには

What’s new in Celery 4.0 (latentcall)によると、Celeryはバージョン4.0から、RedisでもSSL接続を利用できるとのことです。

broker_use_sslを設定することで利用できるとのことですが、Redisの場合は、この情報を鵜呑みにして設定しても動かないです。

Error while reading from socket: (104, 'Connection reset by peer')

というエラーに悩まされることになります。このエラーは、Celeryの内部でRedisとの接続に、redis.connection.SSLConnection ではなく、Redisの redis.connection.Connectionを使っていることによるエラーです。

Fix Redis SSL support このプルリクを参考に設定しないと、SSLを利用することができません。

from celery import Celery
from redis.connection import SSLConnection
from .config import broker_use_ssl


def make_celery(app):
    celery = Celery(app.import_name, backend=app.config['CELERY_BACKEND'],
                    broker=app.config['CELERY_BROKER_URL'])
    celery.conf.update(app.config)
    celery.conf.update(broker_use_ssl=broker_use_ssl)

    # URL: https://github.com/celery/kombu/pull/634
    if celery.conf.broker_use_ssl:
        celery.backend.connparams.update(celery.conf.broker_use_ssl) # <- ここ
        celery.backend.connparams['connection_class'] = SSLConnection # <- ここ

    TaskBase = celery.Task

    class ContextTask(TaskBase):
        abstract = True

        def __call__(self, *args, **kwargs):
            with app.app_context():
                return TaskBase.__call__(self, *args, **kwargs)

    celery.Task = ContextTask
    return celery

make_celeryの引数で渡ってくるappは、Flaskのアプリケーションコンテキストです。
broker_use_sslを設定した後に、celery.backend.connparams['connection_class'] = SSLConnectionを設定する必要があります。

また、ドキュメント上では、broker_use_sslには、Trueか、ディクショナリを設定できるとありますが、 Trueを設定しても動きません。 ディクショナリを設定する必要があります。ディクショナリは、Rubyとは違い、空だと、False判定されてしまうので、

broker_use_ssl = {'ssl_cert_reqs': ssl.CERT_NONE}

としておくといいかと思います。

パスワード

Celeryでは、パスワードの設定を

CELERY_BROKER_URL = "redis://:password@hostname:port/db_number"

の形式で設定しなければなりません。HTTPとかの知識が無駄にあったので、あれ?パスワードをURIに含めていいの?と思ってしまいましたが、内部実装を見ると、URIは、内部でちゃんとパースされてました。

最後に

Celeryの内部実装が意外と複雑で読みにくかったです。
あと、Azureのドキュメントには、Python で Azure Redis Cache を使用する方法

一部の Redis クライアントは SSL をサポートしていないため、既定では、 新しい Azure Redis Cache インスタンスに対して非 SSL ポートは無効になっています。 この記事の執筆時には、 redis-py クライアントが SSL をサポートしていません。

という記述がありますが、redis-py は、コミットログを見る限り、2014年の時点でSSLをサポートしています。古い記述は更新していってほしいものです。割と惑わされます。

参考URL