Help us understand the problem. What is going on with this article?

GW明けからSAA合格に向けて学習したが不合格だったので振り返り

4/30まででLinuxの研修が終わり、GW明け5/7~本格的にSAAの学習に入りました。

書籍とUdemyの教材を使いながら学習を進め、教材付属の模擬試験を何度か受験しました。

模擬試験の2週目まで行う時間がなかったのが反省点であり、次回に向けた取り組みでもあります。

4月末に投稿したこちらの記事で、スケジュールや目的は記載してあります。

コロナウイルスの影響でリモート勤務が長引く為、AWS資格(SAA)取得計画

結果

700点で不合格でした。

スコアと評価になります。
スクリーンショット 2020-05-27 9.15.16.png

上記スコアと評価のグラフ通り、分野1を集中的に再学習する必要がありそうなので、次回に活かしていきます。

感覚的には、35問目くらいの時点で、受かったと思いましたが…油断は禁物ですね。

実は、前職在籍中(ITとは無縁)1回受験したことがあり、その時とは手応えが全然違いました。

なので、確実に知識・理解は向上しているかと思います。

SAA学習期間,受験日

5/7~(GW明けから)から本格スタートで、5/25(月)に受験しました。

約2週間強の学習期間でした。

学習スケジュールの進歩状況

スケジュールを添付します。
黒本での学習スケジュールです。

スクリーンショット 2020-05-26 9.23.17.png

Udemyハンズオンでの学習スケジュールです。
Well Architected Framework,信頼性設計,CloudFormationについては、時間の関係上、模擬試験と教材のみで学習。

スクリーンショット 2020-05-26 9.24.21.png

使用教材一覧

使用した学習教材を下記します。

・書籍2冊
・Udemy AWSハンズオン
・Udemy SAA模擬試験

<教材>
徹底攻略AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト教科
最短突破AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト合格教本
UdemyこれだけでOK!ソリューションアソシエイトアーキテクト試験突破講座
AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問)

振り返り

徹底攻略AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト教科 模擬試験1回分
最短突破AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト合格教本 模擬試験2回分
Udemy高難易度模擬試験4回分

模擬試験をいくつか受験して、2週目の復習ができずに当日受験をしたので、模擬試験で間違えたところとその周りをしっかりと定着させてから望む為に教材を2週取り組む時間は確保したかったと反省です。

次の受験は、模擬試験の2週目をしっかりとこなした上で14日経過以降(受験日から14日後に受験できる)受験したいと思います。

simpline
AWSを強みとしたインフラエンジニアリング/IaaSコスト削減サービスを提供しているSIer
https://www.simpline.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした