search
LoginSignup
3

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Laravel/Valet 2.0 のアップグレードでハマったのでメモ

Laravel/Valet は Mac で軽快にWebサーバーが構築できるので手軽なんですが、Valet 1.4 から 2.0 にアップグレードした時に、Web サーバーが Caddy から nginx に変更になりました。

また PHP71 にも対応しました。その時にミスったので
そこでハマったことをメモ。

【2019/2/13 更新】PHP7.3.2 Homebrew の仕様変更などに伴い、少々変更しました。

参考記事
■ Mac のミニマムな Web サーバー Valet 超簡単メモ
http://qiita.com/katzueno/items/49ca8ca2eefbe0a61b63

おそらくの原因

PHP7.1 サポートしたので、PHP7.0をアンインストールしないで PHP7.1 をインストールしてしまって混乱させてしまった。

また PHP 7.3 がリリースされたので、Brew での PHP 7.2 は php@7.2 と指定しないといけなくなり、.bash_profile などの path 指定の書き換えが必要になりました。

症状

  • valet start したのに No response で何も反応なし (nginx が動いてない)
  • sudo nginx して起動するも 502 Bad Gateway エラーがでる

解決策

  • valet をアンインストール
    • valet stop
    • valet uninstall
    • ~/.valet/ フォルダを削除
  • nginx をアンインストール
    • brew uninstall nginx
  • composer をアンインストール
    • brew uninstall composer
  • dnsmasq をアンインストール
    • brew uninstall dnsmasq
  • php (php71 か php70) 等をいまある PHP をアンインストール
    • brew uninstall php
    • brew uninstall php@7.0
    • brew uninstall php@7.1
    • 他に PHP が入っていたらすべて削除
    • ただし、サポート終了の PHP (7.0) 等は再インストールできなくなるので、最後の「おまけ」を御覧ください。
  • Brew の Valet & PHP 関連パッケージをひとまず綺麗さっぱりアンインストール
  • Mac を再起動。再起動時に「s」キーを押してシングルユーザーモードで起動

  • 以下の手順で再設定

brew update
brew upgrade
brew install composer
brew install php
# デフォルトでは最新のPHPがインストールされるので、必要に応じて古いバージョンの PHP をインストールしてください。
brew install php@7.1
brew install php@7.2
# ここで英語のメッセージで指示された「.bash_profile」の PATH の書き換え、php サービス登録を行う
composer global require laravel/valet
valet install
cd [valet の対象ディレクトリ]
valet park

これでうまくいきました。

おまけ

PHP 5.6 や 7.0 をインストールしたい時

$ brew tap exolnet/homebrew-deprecated
$ brew install php@5.6
$ brew install php@7.0

これで、Mac に気軽なローカル環境を立てられます。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
3