Help us understand the problem. What is going on with this article?

ParallelsでWindows 10 ビルド 10240 からのアップグレードが失敗

More than 1 year has passed since last update.

Macを使っている方にはParallelsでWindowsを使っている方も多いと思います。

だいぶ前からですが、ビルド 10240 からアップグレードが失敗する現象が出てました。
システムが勝手にアップグレードしてくれるのですが、何回も失敗して諦めて放置してました。
しかし、Visual Studio 2017 をインストールして動かないということが分かったし、今後色々と都合が悪いことが出てくる訳で、何とかしなければということになりました。

結論としてはクリーンインストールしたのですが、そこまでの道のりが長かった…

いわゆるWindows 10 Anniversary Updateが失敗しているのだと思いますが、半年以上放置してたのもどうかと思います…

これをみて試される方は、念のためにParallelsのイメージディスクのコピーを取ってから行ってください。
何があってもコピーから元に戻せるのはありがたです。

現象

アップグレードを行い再起動されると、"ramdiskデバイスの作成に使用できるメモリが不足しています。"とでてしまいます。
最初焦りましたが、リセットすると元の状態に戻ります。

https://gyazo.com/0d479c9e7734e7558c3fb293f2c9bfa0

起動するとSAFE_OSフェーズで失敗しましたとでます。

https://gyazo.com/babbfbda679564d32dcff95a0174d7c0

回復ドライブ作成を試みる

色々調べたり試したりしましたが、どうやら10240 からのアップグレードは難しい(というかもう無理という感じ)ということが分かったので、クリーンインストールしようとしました。

回復ドライブを作ってやろうとしたのですが、必要なファイルがないため作れませんという様な内容がでて作れません。
(修復ディスクも同様)

インストールディスクの作成

インストールディスクのイメージファイル(ISO)はこちらからダウンロードできます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

該当する項目を選択していけばダウンロードできます。

https://gyazo.com/a2733d45378386e23394f28c905250d8

ParallelsはISOイメージファイルをCD/DVDドライブにマウントできるので、ディスクに焼かなくでも大丈夫です。

https://gyazo.com/36a43443d0c6b09849764891702bb650

Setup.exeは実行するな

インストールディスクにSetup.exeがあって、実行すると通常はアップデートなり、クリーンインストールなりできるのだと思いますが、再起動したところで最初の"ramdiskデバイスの作成に使用できるメモリが不足しています。"がでて堂々巡りに陥ります。

クリーンインストールするには

クリーンインストールできるまでまだまだ色々あったのですが、それはこの後書くとして、解決方法です。

Windowsを再起動すると "Press any key to boot from CD or DVD...." と出てます。
起動順でCD/DVDドライブを優先していれば自動的にインストーラーが起動すると思い込んでいたのでDVDからのインストールはできず最近はSetupでやるんだなと思って、すっかり見落としてました。

起動直後にすかさずキーを押すとインストーラが起動し、クリーンインストールできます。
(キーを押しても通常の起動となんら変化がないのでキーの入力が受け付けられていないと思ってここで何度もリセットとキー入力を繰り返していたのは内緒です。諦めて放置してたらインストーラーが立ち上がってました。)

https://gyazo.com/db2da2079fc8da6f6b4c0ddae25dff4b

後は、"ランセンス認証でプロダクトキーがありません"を選んで

https://gyazo.com/763237cb71399fab032f6c380c15effd

インストールの種類で"Windowsのみをインストールする"を選びます。
アップグレードを選択すると堂々巡りの無間地獄に向かってしまいます。

https://gyazo.com/772f201e92d33cb4a5c25f1cf5719c1d

ディスクはフォーマットしてもライセンスは引き継がれていました。逆にフォーマットしないと以前のファイルは残したままで別にWindows 10がインストールされ余計にディスク領域を使ってしまいます。
(もう一度やり直したのはいうまでもありません)

https://gyazo.com/2ea5cc1086d2bc0c9f18e560af3dc08b

これでクリーンインストールができました。
その後のアップグレードも問題なくできました。

クリーンインストールできるまでに失敗したこと

Parallelsのバージョンアップ

Parallels Desktop 12にバージョンアップしてなかったので、もしかしたらバージョンアップすると解決するのか?と思ってバージョンアップしました。

今まで非力なMacBookだったのでもうMacではWindowsはあまり使わないつもりでバージョンアップせず別にWindowsマシンを用意していました。
しかし、MacBook Proを新調したら間に合わせで準備したWindowsマシンよりはるかに速くこれからもParallelsを使う事になりまして、どうせならということで1年ごとに更新しなければならないProの方にしてしまいました。

Windowsに金をかけるよりParallelsに金をかけてる気もしないのですが、これからも長付き合いになりそうです。

ところが、ところが、状況は変わらず。
何のためにバージョンアップしたのか…しかも今後も支払いが…
(予測はしてましたけど)

別のVirtual Machineにインストール

"Press any key to boot from CD or DVD...." の事に気づくまでどうしたものかと思って、Parallesの別のVirtual Machineを立ててそちらに新たにインストールしました。

プロダクトキーを元のVirtual Imageの物を使用してインストールしたらうまくいったかの様に見えたのですが、しばらくすると認証を促すメッセージがでて、修復を試みようとすると別に用意したWindowsマシンと照合していたらしく、危うくそちらのPCが使われなくなるところだったのではないかと焦りました。エディッションが違ってて助かりました。
ここで、Microsoftアカウントで自分に紐付いているデバイスが確認できることが分かって、確認すると前のVirtual Machineとは別のPCとして管理されていることがわかりました。

それは当然ですよね。

再び回復ドライブ作成を試みる

回復ドライブが作れないのはビルド 10240までの問題でその後のWindows 10 Anniversary Updateでは直っているとの情報もありましたので、別のVirtual Machineにインストールしたついでにこちらで作成しようとしました。

ところが、USBメモリを認識してくれなくて(HDDとかに思っているのではないか?)これもだめでクリーンインストールできねーとか思ってました。

ここまでくると…

新たにライセンスを購入するしかないかという気になりましたが、Windows 10 Pro は27,000円台だったので諦めきれず足掻いていたら、Press keyするだけというところに気がつきました。

分かっている方にはなんでもないことなのかも知れませんが、同じ様に悩んでいる方の役に立ったら幸いです。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away