RasPBXの導入(内線通話ができるまで)

  • 6
    いいね
  • 0
    コメント

前回の記事(RasPBXの導入(概要と準備))の続きです。
RasPBXの初期設定から、内線通話ができるまでの状態にします。


初期設定

  • sshでRasPBXにログインします。(前回の記事で調べたIPアドレスを使います)
    • デフォルトでは、ユーザ名:root、パスワード:raspberry
MacBook-Air:raspbx user$ ssh root@192.168.1.120
root@192.168.1.120's password: 

Welcome to RasPBX - Asterisk for Raspberry Pi

RasPBX is based on Debian. The programs included with the Debian GNU/Linux
system are free software; the exact distribution terms for each program are
described in the individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

RasPBX comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent permitted by 
applicable law.

List of RasPBX specific commands:
----------------------------------------------------------------------------- 
raspbx-upgrade      Keep your system up to date with the latest add-ons and
                    security fixes
configure-timezone  Set timezone for both system and PHP
install-fax         Install HylaFAX                          
add-fax-extension   Add additional fax extension for use with HylaFAX
install-fail2ban    Install Fail2Ban for additional security
install-dongle      Install GSM/3G calling capability with chan_dongle
raspbx-backup       Backup your complete system to an image file

root@raspbx:~# 
  • まず、raspbx-upgrade
    • 情報収集が終わると続けるかを聞いてきますので、「y」でアップグレード作業を開始してください。完了まで、しばらくかかります。
root@raspbx:~# raspbx-upgrade
RasPBX upgrade tool
Run "raspbx-upgrade --help" for additional options
Base version: 28-01-2017
Installed upgrade:        24
Local upgrade available:  24
Online upgrade available: 24
Checking repositories for updated packages...
 :
Need to get 75.1 MB of archives.
After this operation, 782 kB of additional disk space will be used.
Do you want to continue? [Y/n] y
 :
root@raspbx:~# 
  • タイムゾーンの設定
    • 対話形式での設定が始まります。リスト選択はカーソルキー、「Ok」「Cancel」の移動はタブキー、決定はENTERキーです。
    • 設定項目順に、
      • 「Asia」
      • 「Tokyo」
root@raspbx:~# configure-timezone

Current default time zone: 'Asia/Tokyo'
Local time is now:      Sun Mar  5 01:30:57 JST 2017.
Universal Time is now:  Sat Mar  4 16:30:57 UTC 2017.

Setting PHP to system timezone: Asia/Tokyo
root@raspbx:~# 
  • ロケールの設定(日本語化が不要ならスキップ)
    • 対話形式での設定が始まります。リスト選択はカーソルキー、「Ok」「Cancel」の移動はタブキー、決定はENTERキーです。
    • 「4 Localization Options」を選択してください。
      • 「I1 Change Locale」とすると、ロケールがリスト選択できるようになります。
      • 「ja_JP.UTF-8 UTF-8」をチェック(スペースキー)して、「OK」とします。
    • 元の画面に戻ったら、「Finish」で終了します。
root@raspbx:~# raspi-config
Generating locales (this might take a while)...
  en_GB.UTF-8... done
  en_US.UTF-8... done
  ja_JP.UTF-8... done
Generation complete.

共通設定

  • WebブラウザでRasPBXにアクセスします。
  • FreePBX Administrationをクリックして、管理者でログインします。
    • デフォルト設定は、ユーザ名:admin、パスワード:admin
  • 日本語化
    • 上部のボタンで、Settings - Advanced Settings
      • GUI Behavior
        • Show Language setting を、Yesに。
        • 画面右下の「Submit」をクリックすると、画面上部に赤い「Apply Config」ボタンが現れるので、クリックして設定を反映させてください。
        • しばらくすると、画面右上に言語選択のボタンが表示されるようになります。このボタンから「ja_JP」を選択してください。

RasPBX_Language_Setting.png


内線設定

  • WebブラウザでRasPBXにアクセスします。
  • FreePBX Administrationをクリックして、管理者でログインします。
    • デフォルト設定は、ユーザ名:admin、パスワード:admin
  • 上部のボタンで、アプリケーション - 内線
    • 「Chan_SIP内線」タブを選択。
      • 「新しいChan_SIP内線を追加」をクリックします。
      • 下記の設定(Secretは、SIPレジスト時のパスワードです。ここでは、サンプルとして簡易なものにしています。実際に運用するときは、考慮してください。)後、画面右下の「送信」ボタンをクリック。
        • 2台目も同様に設定します。
    • 2台分の内線設定ができたら、画面右上の「設定適用」ボタンで設定を反映させます。
設定項目(1台目) 設定値
ユーザー内線 101
ディスプレイ名 101
Secret 101pass
デフォルトユーザと連動する。 なし
設定項目(2台目) 設定値
ユーザー内線 102
ディスプレイ名 102
Secret 102pass
デフォルトユーザと連動する。 なし

RasPBX_内線.png


動作確認(内線通話)

  • 準備
  • 2台のソフトフォンで、簡易設定を行います。それぞれの設定は下表の通り。
設定項目(1台目) 設定値 備考
ドメイン 192.168.1.120 RasPBXのIPアドレスを設定します。
ユーザID 101 ユーザー内線の設定値と同じ
認証ID 101 ユーザー内線の設定値と同じ
パスワード 101pass Secretの設定値と同じ
設定項目(2台目) 設定値 備考
ドメイン 192.168.1.120 RasPBXのIPアドレスを設定します。
ユーザID 102 ユーザー内線の設定値と同じ
認証ID 102 ユーザー内線の設定値と同じ
パスワード 102pass Secretの設定値と同じ
  • これで、2台のソフトフォンがRasPBXに接続され、相互通話ができるようになっているはずです。