Zsh
ImageMagick
AIR
flash

iOS、Androidアプリなどでたくさんのサイズ違いのアイコン画像を作るzsh

More than 5 years have passed since last update.


今北産業


  • ios, androidともにアイコンをたくさん作らないといけない

  • 適当にリサイズすると、ボヤケる

  • なので、ImageMagickのシャープ使いつつ、サクっとリサイズしよう


13種類くらいの大きさのアイコンをガッと作れます

iOS, Androidのアイコン画像は以下のようにたくさん作らないといけない

Icon size
Platform

29x29
iOS

36x36
Android

48x48
Android, iOS

50x50
iOS

57x57
iOS

58x58
iOS

72x72
Android, iOS

96x96
Android

100x100
iOS

114x114
iOS

144x144
iOS

512x512
iOS

1024x1024
iOS

Adobe AIR * Application iconsより


zshでImageMagickのresizeをする

$ zsh icon_gen.sh original.png

unsharpを使う。


icon_gen.sh

#!/bin/zsh

original=original.png

if test "$1" != ""; then original=$1; fi

list=(29 36 48 50 57 58 72 96 100 114 144 512 1024)

for size in $list; do
convert $original -resize $size -unsharp 2x1.4+0.5+0 $size.png
done

echo 'complete'


unsharpの使い方はここに書いてある → mieki256's diary - ImageMagickとシャープ化

-unsharp <radius>{x<sigma>}{+<amount>}{+<threshold>} 

パラメータ
概要

半径(Radius)
ボケの範囲をピクセル単位で表す。実質的には標準偏差σを用いる。ボケの度合いを決めるパラメータの一つで、大きいと、鮮鋭化の効果(特にハロ現象)が強く出る。

適用量(Amount)
原画像とボケ画像の演算の割合を決める。大きいと、効果が強く出る。

上限(Upper Limit)
コントラストの強いものを、それ以上強くしないようにする。

下限(Lower Limit)
細かいコントラストまでも強めて、ノイズなどを目立たたせないようにする。しきい値(Threshold)とも呼ばれる。


ガーっと作れた

こんな感じ

つくったやつ


めでたしめでたし。


FacebookアプリとかOGPアイコンとかにも使えるかと

おもいます!