Linux
RHEL

RHEL7で環境変数を永続的に設定する

RHEL7で環境変数を永続的に設定する

参考:
https://www.kannon.link/fuku/index.php/2016/09/09/01-3/

結論

  • 特定ユーザに環境変数を設定したいのであれば、全ユーザに環境変数を設定したいのであれば、/etc/profile
  • 特定ユーザに環境変数を設定したいのであれば、特定ユーザに環境変数を設定したいのであれば、~/.bash_profile

ということなので、ログイン時のbash設定ファイルの読み込み順序は以下順。
1. /etc/profile
2. ~/.bash_profile

/etc/profile.d/内にある、*.shが自動で呼ばれる。
~/.bash_profileに記述されている内容が、ユーザログイン時に実行される(ユーザ毎に用意)

設定ファイルの内容を反映(または再ログイン)

$ source ~/.bash_profile