AWS

AWSソリューションアーキテクト – アソシエイトに合格したので、勉強方法を書き残しておく

はじめに

 会社でもクラウドに対応する人材を育成したいとのことで、AWSの研修を募集していたため、のっかりました。約3ケ月の勉強で合格できたため、備忘録として残す。

スペック

AWSの経験はまったくない。
普段はオンプレで仮想アプリの基盤、ミドルウェアの構築、運用をやっている

受験までの流れ

情報収集

まずは先人達の勉強方法を確認するため、Webで情報収集をやった。
「aws アソシエイト」でGoogle検索した内容を主に確認する。
会社からは試験対策本を支給されたが、さすがにまったくサービスに触ったこと
がないまま、試験には望めないと思い、Webの内容を参考に、参考書籍を選び
今回はAmazon Web Services実践入門を購入した。
Amazon Web Services実践入門
以下、二つも有用な書籍ではあるが、ある程度AWSを分かっている人が問題を解決する際に
読むべきものだと感じ、今回ははずしました。
Amazon Web Servicesクラウドデザインパターン設計ガイド
Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド

環境構築・試験勉強

Amazon Web Services実践入門を参考に、環境を構築していく。AWSの主要サービスである
EC2、VPC、S3、IAM、Auto Scaling等の挙動を確認できたのは非常に大きかった。
併せて、会社支給の試験対策本で頻出箇所の確認を行っていく。下記の本は、頻出箇所がよくまとまっているため、効率良く勉強するためにはかなり使える。AWSのサービスをある程度使用した後に読むと理解がさらに進みやすい。
合格対策 AWS認定ソリューションアーキテクト -アソシエイト
上記の本ではカバーできない細かい部分や最新情報、設計の考え方などは、AWSのBlackBeltセミナーの資料、ホワイトペーパーをKindleに格納し、通勤中に読んでいた。

模擬試験

「Architect on AWS」研修受講後、どの程度理解しているかを確認のため模擬試験を受けた。
合格点に達していたため、忘れないうちに受験しようとその週末に本試験を予約。
AWSの試験問題の形式や基礎的ではあるが見逃していた項目(スポットインスタンスの課金体系など)
が確認できたので、本試験までは弱点箇所を中心に見直す。
1回2000円と安いため受講することを推奨。

項目 得点
高可用性、コスト効率、耐障害性、スケーラブルなシステムの設計 66%
実装/デプロイ 100%
セキュリティ 75%
トラブルシューティング 100%
総計 75%

本試験

実際に受験すると時間がない中、見たことがない問題ばかりで焦る。一度見直して
サブミットすると以下の結果で合格

項目 得点
高可用性、コスト効率、耐障害性、スケーラブルなシステムの設計 72%
実装/デプロイ 66%
セキュリティ 81%
トラブルシューティング 75%
総計 74%

感想

今回、研修に参加する前にがっつりサービスを触っていたので研修が復習となっていたが
それがよかったと思う。あと、模擬試験で合格点を取れていればとっとと受験した方が良い。
次回は「Advanced Architect on AWS」を受講するのでプロフェッショナルも目指していきたい。