Edited at

Advanced Multi-Scene 完全に理解した

Unityのマルチシーン作業の効率を上げるために購入したものの、日本語の新しめの記事が全然見当たらなくて、放置してた。

しかしなるほど、当たって砕けろ精神で、試してみたらとても簡単で神アセットでした。


Unity2018.2でも問題なく動き、Warningもゼロ。メンテナンスもよくされてる印象。



導入手順 & 挙動観察


  • AssetStoreからImport(Doumentation.txt以外不要なAssetないので、気にせず全ImportでOK)

  • 以降、Sceneを開くと、AmsMultiSceneSetup オブジェクトが自動生成されるようになる。

  • その状態で、Editor上で他のSceneを読ませて、普通にMultiSceneEditingする。

  • すると、読んだシーンが上記オブジェクトに自動で登録される。

  • 以降、シーンを開き直すたびに、登録されたシーンが自動で仮ロードされるように(ぉぉぉ!!)。

  • 再生時にシーンを自動でロードするかしないか、同期か非同期かは、登録されたコンポーネント内で設定が可能。

  • 自動ロードの場合、スクリプトからは何もしなくても、再生時のシーンロード時に一緒にロードされる(ぉぉぉ!!)。


あとがき

食わず嫌いでした。冬コミ前に入れておけばよかったと後悔してる...

(自力でロードしてた処理とかを除去する無駄な作業が増えちまったぜ!)


さらにあとがき(数日つかってみて)

ダメですね。プロジェクトから消しました。


  • シーンを開く/閉じるをフックとした外部拡張と相性がゲロで、シーンが壊れる問題

  • 3つ以上のシーンを同時に触った時の依存関係処理が怪しい

  • 相互参照以外のマルチシーンの扱いが不得手というか、壊れる

軽く触ると神だけど、実際に使うと糞オブ糞なのはUnityAssetあるあるなので、なんとも思わないけど、こういう時間の無駄の使い方させられるのが、Untiyまじ糞