Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi 4が起動しない(モニタが映らない)場合の設定方法

Raspberry Pi 4を起動したら途中でモニタが映らなくなる

 ラズパイ4を入手して、喜び勇んで起動しようとしたら、モニタが映らなくてションボリしました。

rp4_monitor_01.JPG
 一瞬映るけど

rp4_monitor_02.JPG
 すぐ「No Signal」

 ちなみに、ラズパイ3だと、同じモニタでちゃんと起動していました。

モニタを変えたら写った

 Twitterで「モニタを変えて見たほうが良い」という貴重なアドバイスをいただいたので、モニタを変えたら映りました。

rp4_monitor_03.JPG

設定を変えたら写った

 ラズパイのSDカードの /boot/config.txt を修正すると映るという情報がネットでいくつかあったので、試して見ました。/boot/config.txtは、ラズパイが起動しなくても、SDカードリーダーでSDカードを読み込めば、PCから編集できます。

 色々試したのですが、結局以下の通りにすると映りました。

hdmi_safe=1

 上記の設定は、一番モニタにとって安全(?)な映りやすい設定のようです。具体的には、hdmi_safe=1の設定をすると、以下の設定がされるようです。

hdmi_force_hotplug=1
hdmi_ignore_edid=0xa5000080
config_hdmi_boost=4
hdmi_group=2
hdmi_mode=4
disable_overscan=0
overscan_left=24
overscan_right=24
overscan_top=24
overscan_bottom=24

 モニタの見え方がイマイチだなーと思ったら、公式の以下の情報を元に調べて調整しましょう。

Video options in config.txt

 特に、重要な設定は、以下あたりですね。

hdmi_force_hotplug
hdmi_group
hdmi_mode

まとめ

 ラズパイ4が起動しなくてがっかりしている人が1人でも救えれば良いなと思い、急いで書きました。間違いや、更なる良い情報ありましたら、優しく教えていただけましたら幸いです。編集リクエスト歓迎です。

 また、ラズパイ4でディープラーニング環境含めたセットアップ方法をブログ記事にまとめていますので、よろしければこちらもご覧ください。

Raspberry Pi 4でディープラーニングで画像認識する環境をゼロから1時間で構築する方法

参考リンク

https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?t=244431

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away