Edited at

Azure仮想マシンのカスタムイメージの扱い方(基本めも)

More than 3 years have passed since last update.

Azureの仮想マシンやカスタムイメージを扱う上で、知っておいた方が良い事をメモ。

超基本的な事だが、知らないと厄介なこともあるので、記録しておきます。


カスタムイメージ取得時の基本

仮想マシンを複製したいときは、必ずSysprepを実行してからイメージ取得する。

イメージ取得時は、その仮想マシンは削除される。


日本語化OSのカスタムイメージ作成方法(手動)

例えばOSを日本語化しておき、そのイメージを取っておきたい場合、以下の設定をしておく。


  1. 言語パックを追加。

    1.1. [Control Panel] - [Clock, Language. And Region] - [Language] より

       "Add a language" を選択して、日本語を追加

    1.2. 日本語を最上位に設定

    1.3. [Options] を選択し、"Download and install language pack" をダウンロードしてインストール。

    ※ もし日本語がプライマリになっていなければプライマリに設定。

    1.4. インストール完了後ログアウトを行い、再度ログインすると表示言語が日本語になる


  2. 場所 (ロケール) の変更

    2.1. [コントロール パネル] - [時計、言語、および地域] - [地域] から "場所の変更" を選択して、

    [主な使用場所] を "日本" に変更し、[適用] をクリック。


  3. 現在のユーザー設定を、"ようこそ画面" や "新しいユーザー" にコピー。

    3.1. [地域] ダイアログの [管理] タブより、[設定のコピー] を選択。

    3.2. 表示言語、入力言語、形式、場所が "日本語", "日本" となっている事を確認。

    3.3. "現在の設定のコピー先" にて、チェックボックス 2 つを選択し、[OK] をクリックして、コピー。

    3.4. 指示に従って、再起動。


  4. Sysprep を行い、ポータルからマイ イメージとして取り込みを実施。

    4.1. C:\Windows\System32\Sysprep\Sysprep.exe

    4.2. "一般化する" にチェックを入れ、"シャットダウン オプション" にて

    シャットダウンを選択し、[OK] をクリック。

    4.3. Sysprep の完了によって、シャットダウンが行われ、リモート デスクトップ接続が切断されるまでの間、しばらく待つ。

    4.4. 管理ポータルから、仮想マシンの [シャットダウン] を行う。

    4.5 [取り込み] を選択し、マイ イメージとして取り込みを行う。



タイムゾーン

日本時間に変更してイメージを取っても、タイムゾーン設定は維持されず、UTCに戻ってしまう。

なので、-TimeZone "Tokyo Standard Time"を指定するようにする。


カスタムイメージの保存場所

カスタムイメージは、その仮想マシンが存在していたStorage Account、コンテナーに作成される。

つまり、カスタムイメージから仮想マシンを作成する場合は、カスタムイメージが保存されているリージョン、Storage Accountのvhdsコンテナーにvhdが作成される。

要するに、他のリージョンや、他のStorage Account、強いては他のコンテナーを指定できない。

変更したい場合は、カスタムイメージを取得する前にvhd実体を移動しておき、そこでイメージをとる。


追加ディスク

追加ディスクは、Powershell実行した場合はカレントStorage Accountに生成される。

管理ポータルからだと、、、不明。。。


Sysprepしないイメージ

単純バックアップはsnapshotでOK。同時起動できないので注意(同時起動しなければ2台あっても大丈夫)。

追加あり次第、随時追記予定。